『スマブラDX』の大会で優勝しカニを投げつけられたプレイヤー、カニにリベンジを果たす

Image Credit : Dexerto

今月22日に、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(以下、スマブラDX)の大会で優勝したプレイヤーにカニが投げつけられるという事件が発生。その詳細を弊誌記事でも取り上げた。その被害者であったHungrybox氏が、早速カニにリベンジを果たしたようだ。公開されたTwitchのクリップでは、カメラに大写しにしたカニを満足そうに頬張るHungrybox氏を見ることができる。

発端となった事件はスマブラシリーズの大きなトーナメントである「Pound 2019」の『スマブラDX』部門にて、Hungrybox氏の優勝に不満を持った観客が氏に向かっていきなりカニを投げつけたというもの。Hungrybox氏はそのキャラやプレイスタイル故か、大会ではアウェーに扱われることも多い人物だ。今回の事件もそんなHungrybox氏の勝利に納得がいかない『スマブラDX』ファンによるものだろうとされている。犯人は特定されており、以後大会出入り禁止の処分を受けるようだ。

当該場面を映し出した映像では、氏が多少なりとも憤っていたことが確認されている。というのも、ルーザーズから這い上がって手にした優勝にいきなりケチをつけられたことがHungrybox氏には相当堪えたらしく、動画には投げつけられたカニを手に立ち上がって観客に向かって怒鳴っている様子が写っている。そして最後には怒りのあまり、カニを地面に向かって投げつけている。Hungrybox氏は流石にこの一連の行動を反省したらしく、Twitterにてその後「感情的になってしまって申し訳ない」とコメントした。

一歩間違えれば大怪我に繋がっていたかもしれない事件であることは間違いなく、Hungrybox氏の怒りもある意味当然と言えるが、氏としてはあまり深刻な出来事として扱われコミュニティが荒れてほしくなかったのだろう。その後「カニ事件に対しての、私のいたって真剣な対応です」というタイトルでカニを食べるだけの配信を行い、それが最初に紹介したクリップの元となったわけである。

ちなみに配信で使われているBGMは、当然のように「Crab Rave」である。大量のカニが嬉しそうに踊るミュージックビデオがついている曲なのだが、インターネットでは一大ミームと化しているため、踊るカニのシーンを一度は見たことがある人が多いのではないだろうか。

結果的にHungrybox氏は、この配信で大量のチャンネル登録者を獲得。大会ではヒールの立ち位置になりつつあった氏を今回の件で見直したというファンも多いだろう。今回の事件は、Hungrybox氏憎しのあまりカニを投げつけた犯人には甚だ不本意な結末で終わる形となりそうだ。また、Twitchのチャット欄などでは会場で地面に叩きつけられたカニのその後を心配する声もあり、Hungrybox氏もその点については後悔していたようだ。そういう意味では、今回の配信はカニに対するリベンジというよりは、Hungrybox氏の「下投げ」の餌食となってしまった不幸なカニに対する贖罪であるともいえるだろう。カニにはなんの罪もないのだから。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog