『GTA』初期作品を彷彿させるオープンワールド・クライムACT『American Fugitive』発表。警察の追跡をかわしながら犯罪を重ねる

パブリッシャーのCurve Digitalは3月5日、イギリスのインディースタジオFallen Tree Gamesが開発するオープンワールド・アクションゲーム『American Fugitive』を発表した。プラットフォームはPC(Steam)/Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox Oneで、2019年内に発売する。Steamのストアページによると、本作は日本語表示に対応するようだ。

スポンサーリンク

『American Fugitive』の舞台となるのは、1980年代の北アメリカをイメージした架空の田舎町Redrock County。この閑静な町にて主人公のWill Rileyは、父親殺しの冷血な殺人犯として収監されていた。彼は善人というわけではないが、人殺しをするような悪人でもない。何者かにハメられたのだ。父親を失った悲しみを抱えつつ復讐心に燃えるRileyは、真犯人を自ら探し出すため脱獄を決意する。

脱獄犯となったプレイヤーは警察から追われる立場となるため、警察の包囲網の一手先を意識し、町の住民らの中にうまく紛れ込みながら行動しなければならない。本作は古き良きゲームや映画から影響を受けて制作されているそうで、見下ろし型視点のオープンワールドにて犯罪者として警察に追われる本作のゲームプレイは、3Dグラフィックを採用していながらも、どことなく『GTA』シリーズの初期作品を思わせる。町では車を奪って運転することも可能だ。

父親を殺した真犯人に迫るためには、犯罪の地下組織と接触し、仕事を請け負いこなしていくことになる。ただ、本作ではそれ以外にも幅広いゲームプレイが可能となっており、たとえば武器を手に入れ一般家庭に押し入って略奪したり、ショップ店員を脅したり、あるいは盗まれた美術品の売買に手を染めたり。濡れ衣を訴える身であるにも関わらず犯罪を重ねていくことが可能で、逆に目立たぬよう慎重に行動することもできる。また、盗んだ車にてタイムトライアルやスタントをおこなうミッションが、マップ内には数多く用意されているとのこと。

ゲームプレイ画面のスクリーンショットを見てみると、犯罪行為をおこなうと、その内容や被疑者(プレイヤー)の服装の特徴が警察無線で伝えられ、これをもとに警察は追ってくるようだ。左下のアイコンに並ぶ星マークは、やはり警察の手配レベルを表しているのだろうか。また、ゲーム内およびアイコンに表示されるRileyの服装は場面によって異なり、中には女装しているものまである。逃走中にはどこかで服を奪ったり買ったりして着替え、警察の追跡を撒くことができる要素があるのかもしれない。そうしてゲームを進める中で、不可解なことや策略、汚職にあふれた一筋縄ではいかない物語が展開していくという。

本作を手がけるFallen Tree Gamesは、『Crysis』や『TimeSplitters』『Black』『GoldenEye 007: Reloaded』など著名タイトルの開発に携わったスタッフらが設立した小規模なスタジオで、これまでにパズルゲーム『Quell』などをリリースしている。本作『American Fugitive』については、オープンワールドのサンドボックスを用意し、その中で逃亡者を描くアクション満載の80年代スリラーというアイデアから発展させたものだそうだ。今回の発表の中で同スタジオは、これまで手がけたどのタイトルよりも規模の大きな作品となるだろうとし、本作が独房から外に出てプレイヤーの手に渡るその時を楽しみにしていると語っている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog