『ストリートファイターV AE』のブランカに「時を止める」バグが見つかる。突如発現した“能力”にコミュニティが沸き立つ

カプコンのPS4/PC向け対戦格闘ゲーム『STREET FIGHTER V ARCADE EDITION』のシーズン3にて追加された、シリーズお馴染みのキャラクター「ブランカ」において、とあるバグが発見されたと国内外で大きな話題になっている。そのバグとは、「時を止める」というものだ。

このバグを最初に報告したと思われるのは、格闘ゲームのコメンテーター活動などをおこなうOmar Sci Brown氏。同氏は2月12日、バーディーでブランカ使いと対戦していたところ、不意に画面が暗転し、浮かせられたバーディーが一瞬空中で静止。その場面の映像をTwitterに投稿している。静止中、対戦相手は特に攻撃を畳み掛けるわけでもなく、困惑している様子が見て取れるため、狙っておこなったわけではないようだ。その後、本作の技のフレーム検証をおこなえるサイトsfvsimの開発者Loïc Petit氏が、バグの再現に成功したとして具体的な方法をBrown氏に返信している。

ブランカの時を止めるバグは端的に言うと、ダイナミックローリングから、サプライズフォワードもしくはサプライズバックを続けて出すと、ダイナミックローリングをキャンセルする形で発生するようだ。コマンドとしては、236236Pから、6KKKもしくは4KKK。クリティカルアーツを使用するため、あらかじめEXゲージが3本必要になる。またPetit氏によると、ダイナミックローリングとサプライズフォワード/サプライズバックの間に1フレーム以上の間隔を空けてしまうとバグは再現されないという。

バグで時間が止まっているのは2〜3秒ほど。ただ、この場合ブランカのEXゲージは消費されないようで、コマンド入力さえ成功させれば連続して時間を止めることも可能だ。時間が止まっている間、静止した方のプレイヤーの操作は一切受け付けられず、為す術はない。

このバグの発見を受けて、多くのプレイヤーがトレーニングモードにて再現を試み成功させている。『ストリートファイターII』に登場してから28年経って、初めてブランカにこの能力が“発現”したとあって、人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のDIOや空条承太郎のスタンドの時を止める能力「ザ・ワールド」を連想した人も多いようで、奇妙な盛り上がりを見せている。ただ、最初に報告したBrown氏の映像からすると、このバグはおそらくオンライン対戦でも再現可能だろう。わずか数秒であっても静止させられた側のプレイヤーは圧倒的に不利な状況となるため、対戦シーンにおける影響は計り知れない。たとえば国内の対戦ゲームコミュニティoreRevoでは、プロゲーマーチームCYCLOPSとのランキングバトルイベントでの、このバグの使用を禁止すると案内を出しており、当面の対応として広がりを見せそうだ。

ちなみに、この時を止めるバグが発見された2月12日はブランカの誕生日で、カプコンはこれを祝うツイートを投稿している。またRedditでは、このブランカの新たな能力は彼への最高の誕生日プレゼントだといったコメントも見られる。これまでのところカプコンは、バグについての反応は示していないが、おそらく近いうちに修正されることになるだろう。

【UPDATE 2019/2/14 10:20】
カプコンは2月13日、ブランカのバグについて「【ダイナミックローリング】の1フレーム目を【サプライズフォワード】or【サプライズバック】でキャンセルできてしまう事により、画面暗転時間中にブランカだけが自由に動けてしまう不具合を確認しております」と発表。近日中に修正対応をおこなう予定とのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog