スピード感あるバトロワFPS『Islands of Nyne』開発終了、本日より無料に。多くの期待集めるも半年もたず力尽きる

インディースタジオDefine Human Studiosは本日12月20日、昨日までSteamにて早期アクセス販売中だった『Islands of Nyne: Battle Royale(以下、Islands of Nyne)』の開発を終了すると発表した。ゲーム本編も、本日より基本プレイ無料タイトルとして配信されている。現地時間11月29日より本日までに、ゲーム本編もしくはゲーム内スキンを購入したユーザーは、プレイ時間を問わず返金を受けられるという。なお、Define Human Studiosはスタジオごと閉鎖するとのこと。

『Islands of Nyne』は、最大50人で戦うバトルロイヤルFPSだ。ゲームプレイは一人称視点である。戦いの舞台となるのは、未知の惑星にて地球外生命体が築いた4平方キロメートルのバイオドーム。SF設定の戦場にてパワードスーツを着用したプレイヤーたちがマップ上空のランダム地点にスポーンし、縮小し続けるプレイエリアにとどまりながら、最後の生き残りになるまで戦う。特徴としてはプレイエリアの縮小速度が速く、1マッチ約15分とハイテンポで進む。ゲーム展開が速いため、プレイエリアの周辺ギリギリで粘っているとあっけなく危険地帯であるプラズマフィールドに飲み込まれ体力が削られていく。その分、キャラクターがキビキビと動くので、素早く立ち回ることができる(関連記事)。

『Islands of Nyne』は当時多かった、複雑かつスローテンポな展開が多いバトルロイヤルとは一線を画する、スピード感のありシンプルなバトルロイヤルとして注目を集めていた。SF的な世界観、そしてUE4で描かれるグラフィックも目を引くだろう。公式サイトにて募られたアルファテストには多くの人々が殺到し、早期アクセス版発売日には同時接続プレイヤー数7200人を記録するなど、完全新規タイトルとして注目を集め、順調な出足を予想させた。

しかし一方、撃ち合い・位置取り・立ち振る舞いのプレイヤースキル勝負になるよう調整された、競技性の高いゲームデザインにより、プレイヤーの定着に苦しんでいた。武器、防具、弾薬、アタッチメント、投擲アイテム、回復アイテム、シールド。いずれも種類が限られており、武器の入手による運には左右されない。実力勝負の設計は、評価点であり不評点でもあった。さらに、課題とされていたバグ修正や最適化も遅れており、アップデートでも人気を取り戻せず、慢性的なプレイヤー不足に悩まされていた。

苦しんでいたのは開発陣も同じであったようで、もはやスタジオは開発費を支えきれないとし、開発終了とスタジオの閉鎖、そしてゲームの無料化という結末に至った。本作が早期アクセス販売開始されたのは、今年の7月。半年もたず、そして正式リリースというゴールに到達できず、ゲームの開発が終わることになる。ゲームのサーバーは“しばらく”は運用されるようだが、今後のアップデートでプレイヤーがホストを立てること可能となるので、将来的にはサーバーも運用されなくなるだろう。

Steam Charts

2018年は、さまざまなバトルロイヤルゲームがリリースされてきたが、『Radical Heights』や『Islands of Nyne』『The Culling 2』など多くの作品が苦しみ、そして開発を停止する結末をたどっている。『Islands of Nyne』と同時期に発売された、チェルノブイリを舞台としたバトルロイヤル『Fear The Wolves』もプレイヤー数を確保できず厳しい状態にある(Steam Charts)。2018年は多くのバトルロイヤルが生まれた年でもあり、同時に終わっていった年であると結論付けることができるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog