ニンテンドースイッチ版『ベヨネッタ2』、ロダンの「スマブラ」参戦希望や小洒落た解説などamiibo連動の小ネタが楽しげ

ニンテンドースイッチ向けに発売された『ベヨネッタ2』をめぐり、GameInformerなどを中心に奇妙な噂が生まれている。噂の出所は、『ベヨネッタ2』のゲーム内に隠された、amiiboを使った遊び要素だ。隠し要素といっても難しい操作は必要なく、ゲイツ・オブ・ヘルで特定のamiiboを読み込ませるだけ。『大乱闘スマッシュブラザーズ』版のベヨネッタamiiboをゲイツ・オブ・ヘルで読み込ませると、ある1枚のメッセージカードが表示される。どうやらそこには、ロダンの「次は俺もファイトクラブへ連れて行って、“オールスター”に混ぜてくれよ」との内容が記されていることから、今回の噂につながったようだ。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの新作が出るかすらも不透明な現状を考えると、ロダンの同作への参戦はあくまでファン向けのジョークおよびサービスだろう。ただこの『ベヨネッタ2』のamiibo連動においては、ほかのamiiboを読み込ませてもなかなか小洒落たテキストが出てくるがゆえに話題を呼んでいる。SNSなどによると、『どうぶつの森』シリーズのamiiboでは“村”に関連したメッセージが、『マリオ』シリーズのスポーツタイトルに関連したamiiboではヒゲの兄弟を“いじる”からのメッセージが表れるなど、読み込むamiiboによって異なるメッセージが表示されるようだ。さらには『スターフォックス』や『ピクミン』についても専用のメッセージが用意されているという。筆者もさっそく手元にあったamiiboを読み込んでみた。

単なるテキストだけでなく、amiiboを読み込むと他にも「マンドラゴラの根」や「イモリの黒焼き」といったアイテムのほか、「クチュールバレット【ハイラルの勇者】」のコスチュームがアンロックされるなど、さまざまな特典が受けられる。

amiiboの連動といえば、アイテムやコスチュームを特典とするタイトルが多いが、『ベヨネッタ2』のようにゲーム内の世界観に合わせて作品ごとの解説がなされるという小洒落たテキストによるサービスもまた好評を博しているのだろう。Wii U版には用意されていなかった、ニンテンドースイッチ版独自の要素であるといえる。ほかにもどのようなテキストがあるのか気になるところであるが、ここですべてのメッセージを明らかにするのはあまりに無粋だろう。ニンテンドースイッチ版『ベヨネッタ2』をお持ちの方には、ここから先は是非ご自分の目で確認していただきたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog