名作『ワンダと巨像』が美しく蘇り、PlayStation 4向けに来年発売決定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは6月13日、本日開催したPlayStation E3 2017 Media Showcaseで、『ワンダと巨像』をPlayStation 4向けに2018年に発売すると発表した(価格は未定)。

主人公の青年ワンダは、魂を失った少女を救うためには、16体の巨像を打ち倒さなければならないと知る。そして愛馬アグロにまたがり、足を踏み入れることを禁じられた古えの地へ向かう。ワンダが掲げた剣から放たれる光に導かれ探し出した巨像はその名のとおりとても巨大で、ワンダは巨像の身体にしがみついて、よじ登っていく。巨像には弱点があるため、その場所を探り当てて渾身の一撃を与えるのだ。

本作は、もともと2005年にPS2向けに発売されたアクション・アドベンチャーゲームで、2012年にはPS3向けにHDリマスター版が発売されている。『ICO』や、昨年発売した『人喰いの大鷲トリコ』で知られる上田文人氏がディレクションし、巨像を相手にしたゲームプレイや、禁忌を破ることの代償を描いたストーリーなどが国内外で高い評価を得た。

今回発表されたPS4版の開発にはSIE JAPANスタジオのほかに、PS3版を手がけたBluepoint Gamesも名を連ねている。同スタジオは『ワンダと巨像』以外にも良質なリマスターを数多く手がけていることで知られている。PlayStation公式Twitterアカウントは、本作もまたリマスターであるとしているが、公開されたトレイラーで確認できるゲーム映像は、リメイクといって差し支えないほど精緻でモダンなグラフィックに差し替えられている。いずれにせよ、名作が美しく蘇ることは歓迎である。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る