『League of Legends』2016年夏のプロシーンが始動!EU LCSの見どころをチェック

League of Legends』(以下、LoL)プロシーンの2016シーズンは、1~3月に行われていたSpring Splitの後、プレイオフを経て5月上旬の世界大会「Mid-Season Invitational」が開催され、ちょうど折り返しを迎えた。ここではRiot Gamesが直轄で運営している「League of Legends Championship Series」(以下、LCS)が開催される欧州および北米のリーグについて、間もなく始まる夏のリーグ戦「Summer Split」に参戦する各チームを紹介していく。今回は開催日程の早い欧州リーグを取り上げる。もうすぐ始まるリーグをより楽しむための一助となれば幸いだ。春のリーグ戦「Spring Split」の結果については、振り返り記事をご覧いただきたい。

 

スポンサーリンク

EU LCS概観

2015シーズン終了時に、「EUエクソダス」と呼ばれる、選手の大量流出を経験したEU。さらに経営難に陥ったチームの売却なども加わり、Spring Splitは多くの新チームや新体制のチームが揃う形でスタートした。再編された結果、一気にその可能性を開花させたチームもあれば、流出した選手の穴を埋めることに苦労したチームもあった。新鋭G2 E-sportsの躍進、選手流出に苦しんだFnaticの不振と、波乱に満ちた展開が見られ、『LoL』に「絶対」という言葉が通じないことを痛感させられる春だったと言えるだろう。コーチや組織による適切なバックアップを得てパッチごとのバランスに適応し、新たな戦術を敵チームに先んじて実践すれば、昇格したばかりのチームが一気に頂点へと昇ることも可能なのが『LoL』プロシーンなのだ。

しかし、Spring Splitは前哨戦に過ぎない。10月に予定されている世界大会「World Championship」の出場権を賭けた戦いは、これから始まるSummer Splitが本番なのだ。夏のプレイオフを制したチームは確実にWorldsへの参加資格を得ることができる。春に振るわなかったチームであっても、世界への切符を手にすることができるのだ。そのために各チームとも補強を行い、更なる戦力の充実を図っている。各チームの現在の状況と、今後の展望を見ていこう。

 

チーム紹介

G2 e-Sports

画像出典: @G2esports
画像出典: @G2esports

G2 e-Sportsは、2015 Spring SplitよりLCSに参戦している新鋭チーム。圧倒的なローテーションの鮮やかさによって他チームを寄せつけず、文句なしの実力でプレイオフを制した。その後に行われたMid-Season Invitationalでは事前の調整不足から結果を出せなかったが、Spring Splitでのパフォーマンスは本物だ。Summer Splitを前にOrigenのBotレーンを担当していたZven選手とMithy選手を獲得し、World Championship Series出場を狙う。

  • Top: Mateusz “Kikis” Szkudlarek
  • Jungle: Kim “ Trick” Gang-yun
  • Mid: Luka “PerkZ” Perković
  • ADC: Jesper “Zven” Svenningsen [NEW]
  • Support: Alfonso “mithy” Aguirre Rodriguez [NEW]
  • ヘッドコーチ: Joey “YoungBuck” Steltenpool

筆者の予想

Mid-Season InvitationalではEU代表として出場したものの、Spring Split終了後のオフシーズンは練習試合の相手がおらず、練習そのものが不可能でほとんど結果を出すことができなかった。オフシーズンが終わりに近づいた今、他チームとの練習も十分に可能であり、調整不足となることもないだろう。リーグ最高峰のメンバーも健在であり、他チームがG2と同水準のローテーションやそれに代わる武器を見出さない限りは真っ先にWorldsの切符を手にするチームとなりそうだ。

 

H2k-Gaming

H2kは夏からチームロゴを一新。新ロゴは盾のようなデザインだ。
H2kは夏からチームロゴを一新。新ロゴは盾のようなデザインだ。

EUにおける強豪の一角を占めるH2kは、今年のSpring Splitもレギュラーシーズンはほぼ満足の行く結果を残すことができた。しかしプレイオフではOrigenやFnaticに後塵を拝し、4位に終わっている。実力は確かながら、チームの一員としては問題もみられるFORG1VEN選手を放出した結果がどう出るか。無冠の強豪という称号は返上できるか。再びの挑戦が始まる。

  • Top: Andrei “Odoamne” Pascu
  • Jungle: Marcin “Jankos” Jankowski
  • Mid: Yoo “Ryu” Sang-ook
  • ADC: Aleš “Freeze” Kněžínek [NEW]
  • Support: Oskar “VandeR” Bogdan
  • ヘッドコーチ: Neil “pr0lly” Hammad

筆者の予想

Spring Splitでも大きく崩れることなく安定した結果を出しており、チームも不安定な要素が減るため大きな変動は無し。一方で、国際大会で勝ち続けるための鍵が欠けた状態なのも確かで、Ryu選手に続く新たな武器を手にしなければ「無冠の強豪」の次へ踏み出すことは難しいかもしれない。

 

Team Vitality

画像出典: Team Vitality
画像出典: Team Vitality

昨年のチーム再編に伴い、Gambit Gamingの組織及びLCS出場枠を買収し、一人残っていたTopのCabochard選手を基盤に、元H2kのkaSing選手らを加えて実質的な新チームとして立ち上がったのがTeam Vitalityだ。Spring SplitがTopの活躍できるメタで進んでいたこともあり、LCSに参加する新チームとしては十分な結果を得ることができたと言えるだろう。更なる飛躍を目指して移籍市場では新たに韓国人選手を2名獲得している。再びkaSing選手がチームをまとめ上げるのか。夏の戦いぶりに注目だ。

  • Top: Lucas “Cabochard” Simon-Meslet
  • Jungle: Kim “Mightybear” Min-su [NEW]
  • Mid: Erlend “Nukeduck” Våtevik Holm
  • ADC: Park “Police” Hyeong-gi [NEW]
  • Support: Raymond “kaSing” Tsang
  • ヘッドコーチ: Kévin “Shaunz” Ghanbarzadeh

筆者の予想

新規加入した2名の韓国人選手はいずれも北米や中国などの国外リーグ経験があり、EUでのプレイも障壁は少ないだろう。もともと強力なTopを擁するチームであり、他ポジションの強化で上位を占めるのみではなく、Worldsの切符を手にする可能性もあるかもしれない。

 

Origen

新たにBotレーンを担うFORG1VEN選手(中央左側)とHybrid選手(中央右側)。 画像出典: Origen
新たにBotレーンを担うFORG1VEN選手(中央左側)とHybrid選手(中央右側)。
画像出典: Origen

Origenは2015 Summer SplitからのEU LCS参戦ながら、歴戦の名選手と新人とを絶妙にマッチさせて世界にEUの復活を印象付けたチーム。しかし今シーズンはUnicorns of Loveから獲得してきたMidのPowerOfEvil選手を中心とした形でのチーム形成がうまくいかず、昨シーズンほどの結果を残すことはできていない。Summer Splitを前に、Botレーンを担当していた選手2名がチームを離脱したことも痛手だろう。一方で、元G2のHybrid選手と元H2KのFORG1VEN選手が新たにチームに加入している。現在でも粒ぞろいのタレントを揃えたチームだが、昨年に並ぶ輝きを再度取り戻せるのか。個性派を集めたチームの長い戦いが始まる。

  • Top: Paul “sOAZ” Boyer
  • Jungle: Maurice “Amazing” Stückenschneider
  • Mid: Tristan “PowerOfEvil” Schrage
  • Mid: Enrique “xPeke” Cedeño Martínez
  • ADC: Konstantinos “FORG1VEN” Tzortziou [NEW]
  • Support: Glenn “Hybrid” Doornenbal [NEW]
  • ヘッドコーチ兼プレイヤーマネージャー: Ana “Bali” Negueruela Palomo

(ダブルミッド体制のためMidは2名だが、基本ロースターはPOE選手)

筆者の予想

今シーズンは、チーム作りがうまくいっていないようで精彩を欠いている。xPeke選手のように押さえが利く選手の不在が影響しているようで、さらにそこに個性的な性格のFORG1VEN選手が加入することから少々先行きが心配でもある。組織の強さが求められる現在のプロシーンでは昨年のような活躍は難しいかもしれない。

 

Unicorns of Love

チームメンバーで中華料理ビュッフェへ……Hylissang選手は4皿を平らげたという。 画像出典@UnicornsOfLove
チームメンバーで中華料理ビュッフェへ……Hylissang選手は4皿を平らげたという。
画像出典@UnicornsOfLove

2015シーズン全体を通して、予想外のチャンピオンピックと奇抜な戦略でリーグを沸かせてくれたUnicorns Of Love。2016 Spring Splitでは補強として加入したDiamondprox選手がビザ問題のため出場不可能になったり、新興チームが隆盛したりなどといった事態が重なり、まずまずといった結果でシーズンを終えた。Summer Splitを前に、ジャングルに昨年のNA LCS Summer Split最優秀新人賞を獲得したMove選手を獲得、さらにADCにVeritas選手と国外リーグ経験豊富な韓国人選手を2名、そしてMidにChallengerシーンでの経験が豊富なExileh選手を加えて新たな体制を構築した。これまでどおりの個性的なチームとして戦うのか、あるいは勝つために「よくあるチーム」の一つへと変わってしまうのか、これからの戦いに注目だ。

  • Top: Tamás “Vizicsacsi” Kiss
  • Jungle: Kang “Move” Min-su [NEW]
  • Mid: Fabian “Exileh” Schubert [NEW]
  • ADC: Kim “Veritas” Kyoung-min [NEW]
  • Support: Zdravets “Hylissang” Galabov
  • チーム創立者にしてヘッドコーチ: Fabian “Sheepy” Mallant

筆者の予想

大型補強により、プレイヤーの質は高まったと言えるが、チームとしての個性は弱まったと言えるだろう。Move選手は北米で新人賞を獲得しているほどなので英語でのコミュニケーションの問題は小さいはず。試合への寄与が大きいポジションに優秀な選手を獲得できており、上位争いに加わる可能性は十分にある。

 

Fnatic

YellOwStaR選手を中心に笑顔を見せるメンバーたち。 画像出典: @FnaticYellOwStR
YellOwStaR選手を中心に笑顔を見せるメンバーたち。
画像出典: @FnaticYellOwStR

大黒柱にして司令塔のYellOwStaR選手、そして2015シーズンの躍進を支えたHuni選手、Reignover選手と3人のメンバーを失ったダメージは大きく、レギュラーシーズンは9勝9敗と振るわぬ結果に終わったFnatic。その後のプレイオフではBO3(2本先取)形式に対する強さを発揮して最終的に4位を獲得した。Summer Splitを前に、“カリフォルニアの夢”から目覚めたYellOwStaR選手がチームに復帰し、再びRekkles選手とのコンビが結成された。奇しくも一度Fnaticを離れた後、古巣へと帰ってきたプレイヤー二人によるコンビとなったBotレーン。彼らは再びEU最強の座を取り戻すべく戦いに挑もうとしている。

  • Top: Noh “Gamsu” Yeong-jin
  • Jungle: Lee “Spirit” Da-yoon
  • Mid: Fabian “Febiven” Diepstraten
  • ADC: Martin “Rekkles” Larsson
  • Support: Bora “YellOwStaR” Kim [NEW]
  • ヘッドコーチ: Luis “Deilor” Sevilla Petit

筆者の予想

不動のキャプテンが帰還したことで、Rekkles選手は昨年のように戦える環境を取り戻したようにも思える。とはいえ、Gamus選手はどちらかと言えばチームを守るタンクを得意としており、かつてTopを支配したHuni選手のようにゲームを強引にもぎ取っていくプレイをする選手ではないというのも事実だ。チームとしての勝ち方を新たに確立できなければWorldsへの切符を初めて失うという結果もありえるだろう。

 

FC Schalke 04

サッカーチームと同じ青いユニフォームをまとう。 画像出典: @S04Esports
サッカーチームと同じ青いユニフォームをまとう。
画像出典: @S04Esports

FC Schalke 04――海外サッカー事情に明るい御仁であれば幾度も目にしたことがあるであろう名前だが、この記事はブンデスリーガの記事ではない。Spring SplitまではElementsとして登録されていたチームを、ブンデスリーガの名門であるサッカーチーム組織「FCシャルケ04」が買収した結果生まれた新たなチームである。実質的には旧Elementsからほとんどのメンバーを引き継いでいるが、Elements自体が2014シーズンにおけるEU覇者であるAllianceの流れを汲んでおり、スポーツ団体運営のノウハウを持った組織がかつての名門をバックアップすることで力を盛り返す可能性は十分にある。ヨーロッパでのTeam Vitalityや北米におけるCounter Logic Gamingなどの活躍を見ても、組織運営の強化によって躍進することが可能なのは疑いようがない。装いを新たにLCSの舞台へ挑むチームの戦いやいかに。

  • Top: Etienne “Steve” Michels
  • Jungle: Berk “Gilius” Demir
  • Mid: Hampus “Fox” Myhre [NEW]
  • ADC: Rasmus “MrRalleZ” Skinneholm
  • Support: Hampus “sprattel” Abrahamsson
  • ヘッドコーチ: Patrick “Nyph” Funke

(Fox選手以外はElementsからの続投)

筆者の予想

チームのメンバーはほとんど変更が無く、その視点では春からの変化は小さい。下位チームのスタッフが親組織の刷新で一気に躍進した例(今年のTeam Vitalityは前身が降格圏だったGambit Gaming)もあるため未知数の部分もあるが、まずはプレイオフ出場枠に残るかどうかが最初の目標になりそうだ。

 

Splyce

画像出典: Splyce Pro Team - Facebook
画像出典: Splyce Pro Team – Facebook

初めてのLCS、2016 Spring Splitをなんとか降格することなく乗り切ったSplyce。順位は降格の可能性がある8位に終わり、Promotion Tournamentでもきわどい試合を制しての残留であった。とはいえ彼らは生き残り、次のシーズンを戦う権利を手にすることができた。彼らはもはや「初めてLCSへ挑むチーム」ではない。Spring Splitの苦い経験を力に変え、再びLCSへの戦いへとその身を投じるチームに注目だ。

  • Top: Martin “Wunder” Hansen (旧名Wunderwear)
  • Jungle: Jonas “Trashy” Andersen
  • Mid: Chres “Sencux” Laursen
  • ADC: Kasper “Kobbe” Kobberup
  • Support: Mihael “Mikyx” Mehle [NEW]
  • ヘッドコーチ: Jakob “YamatoCannon” Mebdi

筆者の予想

なんとかSpring Splitでの降格は免れたものの、移籍市場でも大きく話題になるような補強を行わずにSummer Splitに臨む形になっている。もちろんメンバーを変えればチームとしての練度を高めるための練習時間がより必要になるため、結束したチームを維持するという路線もアリだろう。まずはSpring Splitよりも良い結果、少なくとも降格圏を免れることが最初のゴールになるだろう。

 

ROCCAT

画像出典: @ROCCAT
画像出典: @ROCCAT

かつての華々しい活躍は過去のものとなり、家なき子たちで再編されたチームは今シーズンも苦しい戦いを迎えることになってしまったROCCAT。辛うじて降格を免れた格好だが、Spring Split中のビザ問題によるEdward選手の離脱といったトラブルの中では多くを望めなかったのは確かだ。そこでSummer Splitに向けてADCに元FnaticのSteelback選手を、さらに韓国からTopにParang選手、SupportにRaise選手を獲得するという大型補強を行っている。TopとSupportは試合の流れを作る上で連携を密にする必要があり、元から同じチームで活躍してきた選手を充てるというのは理に適っているように思える。再度のチーム再編がいかなる結末へとたどり着くのか、その結果を確かめよう。

  • Top: Lee “Parang” Sang-won [NEW]
  • Jungle: Karim “Airwaks” Benghalia
  • Mid: Felix “Betsy” Edling
  • ADC: Pierre “Steeelback” Medjaldi [NEW]
  • Support: Oh “Raise” Ji-hwan [NEW]
  • ヘッドコーチ: Fabian “GrabbZ” Lohmann

筆者の予想

TopとBotレーンに同じチームでの経験がある選手を一度に入れるという即効性の高い補強を行ったROCCAT。元々のメンバーであるMidのBetzy選手も秀でた技量を持っていることから、それぞれのレーンに強力なタレントを擁するチームへと変貌した。あとはチームとして十分なコミュニケーションを取れるか、その上で適切な戦略を実行できるかが問題になるだろう。韓国人選手2名は、もともとは韓国の2部リーグ選手だが、昨年のFnaticにやってきた2人のプレイヤーもまたほとんど無名だったのだ。その可能性に期待してみたい。

 

Giants Gaming

夏より新規加入したNighT選手とMaxlore選手。 画像出典: Giants Gaming
夏より新規加入したNighT選手とMaxlore選手。
画像出典: Giants Gaming

かつて全員がスペイン国籍という構成でEU LCSへと昇格してきたGiants。2015シーズンは初のLCSということで厳しい戦いを続けることになってしまった。2016 Spring Splitでは入れ替え戦に勝利することで辛うじて降格を免れたものの、レギュラーシーズンを最下位で終えることになってしまった。Summer Splitを前に、チームは大幅なメンバー刷新を決断。韓国からNighT選手、S0NSTAR選手を獲得してチームを補強している。チームとしての個性をかなぐり捨てて挑むSummer Split、このシーズンはチームの生き残りをかけた戦いになるだろう。

  • Top: Lennart “Smittyj” Warkus
  • Jungle: Nubar “Maxlore” Sarafian [NEW]
  • Mid: Na “NighT” Gun-woo [NEW]
  • ADC: Son “S0NSTAR” Seung-ik [NEW]
  • Support: Morgan “Hustlin” Granberg [NEW]
  • ヘッドコーチ: David “LozarK” Vicente

筆者の予想

Spring Splitは最下位という結果に終わってしまったが、チャンピオンプールに問題のあった選手らを放出しており、今回のスターティングメンバ―はより安定した能力を発揮できそうである。もっとも、チームを支える組織力などは上位陣と比べると若干苦しいのも確か。Summer SplitもLCSに留まるかどうかという順位争いに参加することになりそうだ。

 

開催スケジュール

誰もが過去をかなぐり捨て、より強いチーム、最優のチームを目指している夏のEU LCS。今期からはレギュラーシーズンもBo2となり、1つの対戦カードに対して最大2試合が行われることになるため、試合結果には今までよりも確実に実力差が反映されることとなるだろう。注目のSummer Sprit第一試合「Origen vs. G2」は、日本時間6月2日24時よりLoL eSports公式サイトにて配信予定。レギュラーシーズンは7月末まで、日本時間で毎週木・金曜の深夜に配信される(フルスケジュール)。

EU LCSの試合は日本時間では深夜帯に行われるため、翌日に障る向きは公式動画チャンネルLoL Esportsに後日アップロードされる録画を利用するとよいだろう。

EU LCS Summer Splitティーザー。ベルリンの街にうごめくチームたちが今、ぶつかろうとしている。

[執筆協力: ユラガワ@Wired-Lynx]

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog