王者健在。拡張パック『World of Warcraft: Legion』、リリース初日に330万本の売上を記録

Blizzard Entertainmentは9月8日、自社で開発と運営を行っているMMORPG 『World of Warcraft』の第6弾拡張パックとなる『World of Warcraft: Legion』がリリース初日(8月30日)で330万本の売上を記録し、また同時接続数も過去最高であった2010年の『Cataclysm』リリース時に並んだと発表した

同社CEOのMike Morhaimeは「プレイヤーの皆さまがデーモンを討伐し、アーティファクトをパワーアップし、またLegionの新ゾーンを探索する様子はわくわくする。我々はこの拡張を最高のものにするために引き続き、今後数か月でより多くのコンテンツでLegionの壮大な物語をプレイヤーに提供することを楽しみにしている」と語った。

2014年には月額課金者数が680万人まで落ち込んだが、その後第5弾拡張パック『World of Warcraft: Warlods of Draenor』がリリースされると、約2年ぶりに1000万人以上に回復した。既に同タイトルはリリースから12年が経過しているが、王者健在を大いにアピールしたといえるだろう。

World of Warcraft: Legionとは

新クラス「Demon Hunter」。
新クラス「Demon Hunter」。

本作では、同タイトルの拡張第1弾である『World of Warcraft: The Burning Crusade』に登場した魔の軍団「Burning Legion」が復活し、Warcraftの世界の舞台であるAzerothへと再び侵攻するという物語が展開される。ゲーム内ではAllianceとHordeという2陣営が長きにわたって闘争を繰り広げていたが、一旦休戦し共同作戦を取る形となっている。

そのほか、新クラスの「Demon Hunter」の登場、レベルキャップの110までの引き上げ、新ゾーンやダンジョン、クラスごとの専用クエストが発生する新施設なども追加されている。

『World of Warcraft: Legion』は公式サイトにて、通常版が49.99ドル、ゲーム内で使用できるマウントやペット、『Diablo 3』のキャラクターを「Demon Hunter」化させる装飾品など限定アイテム付きのDigital Deluxe Editionが69.99ドルで販売中。また、App StoreGoogle Playではコンパニオンアプリ『WoW Legion Companion』が無料で配信されている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog