宇宙船管理ストラテジー『Space Crew: Legendary Edition』Steam版、期間限定で無料配布。船員たちをまとめあげ、宇宙の脅威に立ち向かう


パブリッシャーのCurve Gamesは3月1日、シミュレーションゲーム『Space Crew: Legendary Edition』Steam版の無料配布を開始した。配布期間は、3月15日2時まで。なおゲーム内は日本語表示に対応している。


『Space Crew: Legendary Edition』はクルーたちを率いて宇宙の彼方へ出撃する、宇宙生存戦略シミュレーションゲームである。対応プラットフォームはPC(Steam/GOG.com)/PS4/Xbox One/Xbox Series X|S /Nintendo Switch。舞台となるのは、人類が宇宙へ進出した世界。人類は発達した技術により高度な宇宙航行技術を獲得していた。一方、謎の地球外生命体ファスミドにより地球が狙われており、危機に瀕していた。脅威に対抗するべく人類は「ユナイテッド・ディフェンス・フォース(UDF)」を結成、プレイヤーはそのキャプテンとなる。地球を守るため、さまざまな出撃を繰り返しつつ銀河を旅することとなる。

本作は2020年10月に『Space Crew』としてリリースされた。その後コンテンツ追加などを繰り返しつつ、2021年10月に無料アップデートとして「Legendary Edition」を配信。それと同時にストアページの表記も『Space Crew: Legendary Edition』にアップグレードされた。

「Legendary Edition」では新キャンペーンモードとして「ANDROID AMBUSH!」が追加。かつてUDFと協力していたアンドロイドがファスミドによって敵対。プレイヤーは攻め寄せてくるアンドロイド軍と、アルファケンタウリ星系にて迎え撃つこととなる。また3人のクルーとともに船を降りて基地などを探索する「Away Team missions」や、ステータスの向上したクルーを救出し仲間にできるなどといったコンテンツが追加されていた。


そんな本作がSteamにて期間限定の無料配布となったかたちだ。本作はリリース直後に同時接続プレイヤー数が1546人を記録。以降は大型アップデートの際にプレイヤーが増えつつも、基本的には50人前後で推移していた。それが一時無料化にあわせて、同時接続プレイヤー数が急上昇。本稿執筆時点では500人以上を記録しており、無料化によって増加したと思われる(SteamDB)。

本作は本稿執筆時点のSteamユーザーレビューにおいて1729件中77%が好評とする「やや好評」ステータスを記録。迫りくる脅威に対し、クルーに指示を出したり、リソースを管理しつつ対応したりする、やりごたえのあるゲームプレイなどから一定の評価を獲得している。

本作を開発しているのは、イギリスのインディーゲームスタジオRunner Duckだ。2017年には第二次世界大戦をベースとした爆撃機管理シミュレーションゲーム『Bomber Crew』をリリース。本作は同作の続編にあたるとされている。また現在は、舞台をポストアポカリプス世界に映したシミュレーションゲーム『Badlands Crew』を開発中。2024年中のリリースを予定しているようだ。

『Space Crew: Legendary Edition』はPC(Steam/GOG.com)/PS4/Xbox One/Xbox Series X|S/Nintendo Switch向けにリリース中。Steamでは3月15日2時まで無料で入手可能となっている。

【UPDATE 2024/3/2 10:45】
Steamストアページへのリンクを修正