サイケデリック・メトロイドヴァニア『Ultros』本日発売。『Hotline Miami』アーティスト手がける美しくも奇妙な旅

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのKepler Interactiveは2月13日、『Ultros』を発売した。対応プラットフォームは、PC (Steam/Epic Gameストア)/PS4/PS5。定価は税込3520円となっている。また、ゲーム本編に加え、デジタルアートブック、オリジナルサウンドトラックを同梱したデラックスエディションも配信中。定価は税込4950円となっている。

『Ultros』は、サイケデリックな世界観を持つ、メトロイドヴァニア・アクションゲームだ。本作の舞台となるのは、ULTROSという古代の悪魔が宿った「サルコファガス」という宇宙を漂う巨大な子宮。自らの宇宙船がサルコファガスに不時着してしまった主人公は、ブラックホールによるループ現象に巻き込まれてしまう。プレイヤーはサルコファガスを探索し、ループから抜け出す糸口を探す。


本作の舞台となるサルコファガスには、神秘的な植物や生物が自生。プレイヤーは、そういった異星生命を口にすることで栄養を接種し、体力を回復することができる。また、接種した栄養はステータスとなり、新たなスキルを習得。覚えたスキルの一部は、ループしても使い続けることができる。奇妙な植物や、生物の脳などサイケデリックな物をあえて食することで、サルコファガスを生きるための術を身につけるのだ。

サルコファガスの生命たちの中には危険な敵性生物も存在。プレイヤーを襲う宇宙生命体には、精密な刃の一撃を狙った近接戦で対峙。回避からのカウンターや、さまざまな技を駆使することにより、素早く、そして美しく敵を倒すことが可能だ。また、プレイヤーと会話することができる住人も存在する。なかにはプレイヤーを手助けしてくれるものや、敵対するものもおり、そういった住人と会話をすることにより、ループから抜け出すヒントを得ることができる。


本作を手がけるのは、『Hotline Miami』にてアーティストを務めたNiklas “El Huervo” Åkerblad(以下、El Huervo)氏を中心に、数々の著名なクリエイターが参加しているデベロッパーHadoque。『Hotline Miami』にて、独特のアートスタイルを魅せたEl Huervo氏の独特な世界観を表現するために集められたチームであるようだ。また、本作ではループやカルマを用いた精神的テーマも表現している。アートだけでなく、ゲーム全体で独自の世界観を体感できるかたちだ。


『Ultros』は、PC (Steam/Epic Gameストア)/PS4/PS5向けに配信中。定価は通常版が税込3520円、デラックスエディションが税込4950円となっている。また、リリース記念セールとして、2月20日まで10%オフで販売中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る