弾幕地獄ホラーFPS『Luna Abyss』発表。不気味な“人造監視者”が目を光らせる奈落の底へと墜ちる

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのBonsai Collectiveは8月17日、一人称視点の弾幕アクション『Luna Abyss』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)およびPlayStation/Xbox。ストアページによると日本語表示にも対応予定だ。


『Luna Abyss』はストーリー重視の一人称視点弾幕アクションアドベンチャーゲームだ。舞台となるのは、まやかしの月「Luna(ルナ)」。ルナの地中奥深くには、かつて繁栄していた大都市Greymont(グレイモント)の痕跡が残されており、“奈落の底”とも呼ばれる空間からは気を狂わせるような残響が絶えず響き渡る。

本作においてプレイヤーはルナに送られた囚人であり、グレイモントのコロニー内部に隠された“忘れ去られた技術”の回収をおこなうことを刑として命じられることになる。プレイヤーは任務を遂行しながら、グレイモントの衰退の原因を探っていく。なお探索中、プレイヤーの行動はすべて人造看守Aylin(エイリン)によって監視されるようだ。荒廃した土地の謎を解明していくプレイヤーに対して、赤き目を光り輝かせるエイリンがどのような反応を示すのかは不明だ。


トレイラーでは、本作の戦闘パートが一部お披露目された。本作においては、弾幕ゲームのような戦闘が特徴的となっている。一人称視点でコロニー内を縦横無尽に動き回り、敵から発せられる無数の球体攻撃を避けながら応戦する必要があるようだ。トレイラー内でお披露目された戦闘には、ライフルや投てき武器などの使用も確認可能。一つの武器から別の武器へ、状況に応じてシームレスな変更も可能となっているようだ。トレイラーにおいては、敵の攻撃パターンの一部もお披露目。回転しながら全方向に球体を発射する攻撃や、プレイヤーめがけて高速で追尾する攻撃など。ハイスピードな戦闘が繰り広げられる様子を確認することができる。

『Luna Abyss』の開発を手がけるBonsai Collectiveは2019年に設立されたゲームデベロッパーだ。Bonsai CollectiveはHollie Emery氏、Harry Corr氏、そしてBenni Hill氏の三名により設立された。プロダクションディレクターのHollie氏は過去にTeam17に所属。過去には『Overcooked』などのローンチに携わったとのこと。 アートディレクターのHarry氏とクリエイティブディレクターのBenni氏はパズルアクションゲーム『Q.U.B.E. 2』の製作に携わっていた人物だ。


『Luna Abyss』はPC(Steam)およびPlayStation/Xbox向けに現在開発中。Steamストアページによると日本語表示に対応予定とのこと。奈落の深淵に足を踏み入れ、迫りくる恐怖の弾丸を避けながら真実を突き止めたい人は、ぜひウィッシュリストに入れてみてはどうだろう。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る