バンナム、ハイエンドゲーム向けの新会社「バンダイナムコエイセス」設立。『エースコンバット』を含めた新作開発へ

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

バンダイナムコエンターテインメントとイルカは7月1日、新会社として株式会社バンダイナムコエイセスを設立したことを発表した。出資比率は、バンダイナムコエンターテインメントが51%で、イルカが 49%となる。バンダイナムコエイセスは、ネットワークコンテンツ、PCコンテンツなどの企画・開発・運営をおこなっていくという。


プレスリリースによると、「世界中のファンの期待を超えるゲームをお届けすべく、フォトリアルな表現を追求したゲーム開発力の強化を図るため」バンダイナムコエイセスが設立されたそうだ。バンダイナムコエンターテインメントの制作力と、イルカの最先端技術を駆使した、クオリティの高いコンテンツを制作する技術力。両者の強みやノウハウを生かしてゲームづくりを進めていくそう。

今回の発表では、今後作っていくゲームとして具体的に『エースコンバット』シリーズの名前があげられている。バンダイナムコエンターテインメントとイルカは『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』でタッグを組み、同作はシリーズ最高売上の300万本を記録するなど、大きな成功を収めていた。すでに『エースコンバット』の新プロジェクトが動いていることはたびたび告知されており、バンダイナムコエンターテインメントとイルカがタッグを組んで、新作にかかわる新たな人材を募集していた。


バンダイナムコエイセスの取締役構成を見ても、イルカ/オルカ(イルカの関連会社)の上層陣のほか、河野一聡氏や反町信哉氏といった『エースコンバット』関係者が名を連ねている。「エイセス」という文言についても「Ace」という言葉がルーツになっていると語られている。公式サイトを見ても背景の空や代表者メッセージを含めて、『エースコンバット』一色。『エースコンバット』シリーズとは関連深い会社になるのは間違いなさそうである。今後の報告に期待しておこう。
【UPDATE 2022/7/1 16:55】
末尾文を調整


※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る