『World of Tanks』大型アップデート1.13配信開始。HE弾刷新、自走砲にまつわる新パークや新システムも

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Wargamingは6月22日、基本プレイ無料のPvP戦車戦ゲーム『World of Tanks』PC版について、大型アップデート1.13の配信を開始した。同アップデートには砲弾の一種「HE弾」のダメージメカニズム変更のほか、自走砲にまつわる大幅な変更やシステム追加など、広範にわたる要素が盛り込まれている。本稿ではそれらの主要要素を軸に、アップデート内容を紹介していく。

『World of Tanks』は15対15の多人数対戦を軸として、多彩な戦車での戦いが楽しめるオンライン対戦ゲームだ。開発元のWargamingはベラルーシで創業、現在はキプロスに拠点を移すというゲーム企業としてはやや珍しい経緯を辿っている。同社は戦車テーマの『World of Tanks』のほか、海戦テーマの『World of Warships』は空戦を楽しめる『World of Warplanes』など陸海空おさえた対戦ゲームを展開し、日本国内でも根強い人気を誇っているスタジオだ。

『World of Tanks』は戦車戦ゲームであるため、敵に撃ち込む砲弾は重要な要素だ。本作には装甲の厚さによる防御システムが実装されており、「装甲が厚すぎる」「装甲の角度がきつい」などの場合には砲弾が敵装甲を貫通せず、ダメージが与えられない場合がある。ざっくりと分類して、本作には敵の装甲を貫通することを重視した「AP弾」と、砲弾の爆発力を利用する「HE弾」が存在する。今回のアップデートで刷新が加えられたのは、HE弾のメカニズムだ。

使い勝手上昇するも、テクニカルになったHE弾


HE弾は貫通力が低く、非貫通時の平均ダメージも低い傾向があるかわりに、着実にダメージを与えやすい弾種だ。また、装甲の薄い敵に貫通した場合にはAP弾よりも甚大なダメージを与えることができる。本アップデートで変更が加わるのは、その貫通メカニズムとダメージ算出手法だ。アップデート前のHE弾は、フェンスなどのマップ障害物や薄い増加装甲に命中した場合、その場で炸裂してしまっていた。今回のアップデートでは砲弾がやすやすと炸裂しないようになり、障害物越しの射撃や、敵の薄い増加装甲を貫通して主装甲に到達するようになった。この点については使い勝手の改善と言えるだろう。

また、HE弾のダメージ算出手法についても刷新されている。以前のHE弾については、ざっくり説明すると、命中箇所から球形の「爆発半径」を算出、その範囲内にある「最も薄い装甲厚」を元にダメージを求めていた。そして、今回のアップデートからは「命中箇所の装甲厚」を参照してダメージを算出するようになる。つまり、HE弾を効果的に運用するためには、これまで以上に敵装甲の弱点をしっかりと見極めて砲弾を撃ち込む必要が出てくるということだ。

自走砲に大規模変更、砲撃知らせる視覚システムも


もう一つの本アップデートの目玉が、車種「自走砲」にまつわるシステム追加や砲弾の刷新だ。自走砲は『World of Tanks』において少々特殊な立ち位置の車両だ。個体差や遮蔽物により左右されるものの、マップの大部分を砲撃できるシステムが最大の特徴で、言わば後方支援的な役回りの車種となっている。この車種については、その特徴からかねてよりコミュニティの議論の的にもなっており、以前にも大幅な調整が加えられている。今回も大幅な手が加えられており、扱える砲弾の種類の変更がそのひとつだ。

調整のすえ、一部車種を除き「通常HE弾」と「強化HE弾」のみの運用となっていた自走砲。今回のアップデートでは以前と似た特性の「通常HE弾」スタン能力はなく弾速、ダメージの高い「代替HE弾」、そして直撃で大ダメージが狙える「戦術AP弾」といった3種類の砲弾を扱えるようになった。それぞれに弾道、弾速などの特徴が異なっており、シチュエーションに合わせた運用が重要になる。また、弾種の切り替えが重要になったことに伴い、既存の搭乗員スキル「直感」も刷新。弾種の交換を一律で高速化させるものへと効果が変更されている。

また、「砲撃を受ける側」にまつわるアップデートも盛り込まれている。車長用の新パーク「音響探知」は、敵自走砲が砲撃した際に自分が被害圏内にいると、ゲーム画面に砲弾の軌道が示されるというものだ。素早く機動すれば被害の軽減に繋がるだろう。ほかにも敵の砲撃が着弾した場所には、マップ上で「弾着マーカー」が表示されるようになり、砲撃のホットゾーンが判断しやすくなる。また、砲撃の弾道自体もより明るく見やすく表示されるようになる。自走砲を好む本作プレイヤーは、これまで以上に敵自走砲のカウンター砲撃を警戒する必要がありそうだ。

ほかにもUI改善、新カメラ視点など多岐にわたる変更


本アップデートの変更点は上記にとどまらない。人気Modなどで実装されていた敵味方の残りHP表示機能がゲーム本体に盛り込まれ、戦況をより詳細に把握しやすくなった。そしてカメラ視点には「戦術広角視点モード」および「戦術俯瞰視点モード」が追加。特に「戦術俯瞰視点モード」では、自走砲の俯瞰視点に近いようなかたちで自車両の周囲を見られるようになっており、状況把握に大きく寄与しそうだ。

大型アップデート1.13ではほかにも、マップ「ミンスク」のバランス調整、バトルパス・シーズンVの開始、プレミアム車輌のバランス調整など、注目すべき内容が多数盛り込まれている。内容は多岐にわたるため、詳細については『World of Tanks』公式サイトのアップデート紹介ページを参照されたい。

『World of Tanks』および大型アップデート1.13は、PC(Wargaming.net Game Center/Steam)向けに基本プレイ無料配信中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る