キレたカタツムリが光線銃をぶっ放す『Clid the Snail』2021年内に発売へ。ダークゴシック×SFなハードコアおとぎ話

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Koch Mediaは6月1日、スペインのスタジオWeird Beluga Studioが手がける『Clid the Snail』について、パブリッシングパートナーとして提携することを発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4/PCで、PlayStation 4版が先行しての発売になるという。リリース時期は2021年内を予定している。 
 

 
『Clid the Snail』は、短気なカタツムリが主人公のトップダウンシューティングゲームだ。主人公のClidは、口の中まで武装したヒューマノイド型のカタツムリ。はみ出し者の風変わりな仲間たちと協力しながら、世界を脅かすナメクジの疫病と戦うことになる。カタツムリと聞くと緩慢なイメージを抱かせられるが、Clidはスローな軟体生物とは一味違う。素早く武器を持ち替えつつ、ローリングを交えながらスピーディなバトルを展開するのだ。 

冒険の途上では多くの武器がアンロックされるという。周囲に無作為にミサイルをばらまくランチャーや、時限式の爆弾も存在。盾をもった敵に有効活用できそうだ。バリアを展開したり、周囲に氷塊を出現させて敵にぶつけたりといったトリッキーな装備も用意されている。武器によってまったく違う立ち回りや間合いの取り方が要求されるだろう。もちろんオーソドックスな射撃武器も手に入れられる。レーザー武器など、SF色の強い銃がメインとなるようだ。単発型のものから連射性能に優れるもの、拡散率の高いものから一閃に光線が貫くものまで、さまざまなタイプの武器が存在する模様。 
 

 
『Clid the Snail』では、独特の世界観も見どころのひとつだ。ゴシックな建造物もあれば、未来的な機械要塞も登場。幅広いロケーションを訪れるようだ。トレイラー中に垣間見える地図には、「カタツムリの砦」「ウサギの砦」など、いくつかの要塞が存在することが確認できる。さまざまな種族の要塞を訪れるのかもしれない。ダークで硬派な舞台にて物語が展開される一方、カタツムリが大きなエレキギターのネックを一本橋のように渡るなど、小さな生き物の世界がユニークに描かれる点も本作の特徴となりそうだ。 

NPCにも動物を擬人化したキャラクターたちが登場し、カメレオンの店主や二刀流のカエル剣士などと出会うようだ。敵キャラクターもバリエーションに富んでおり、スラム攻撃が強烈な巨人や、武器を手にした巨大ナメクジ、火炎放射を使いこなすハリネズミなどが立ちはだかる。また、画面半分を覆いつくしてしまうようなサイズのクモ型ロボットもトレイラーで確認できる。 

本作を開発するWeird Beluga Studioは、マドリードを拠点にしたデベロッパー。2019年に大学で友人だった5人によって設立されたという。『Clid the Snail』は、スペインのSony Interactive Entertainmentが主催する第6回PlayStation Talents Awardsを受賞しており、処女作ながら高い注目を集めている。 
 

 
『Clid the Snail』は2021年、PlayStation 4/PC向けに発売予定。なおPC版はPlayStation 4版より遅れてのリリースになるという。 

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る