『FF14』パッチ5.4「もうひとつの未来」の完全版パッチノートが公開。ジョブ調整では大改修を受けてモンクのプレイフィールが向上

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは12月7日、翌8日に公開される『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FF14』)の大型アップデートであるパッチ5.4「もうひとつの未来」の完全版パッチノートを公開した。本記事はパッチノートで新たに公開された情報を中心に、パッチ5.4の見どころを紹介するものである。パッチノート以前に公開された情報の詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

関連記事

『FF14』パッチ5.4「もうひとつの未来」の特設サイトが公開。イメージアートやインスタンスダンジョン内部のスクリーンショットがお披露目に

『FF14』第61回PLLで公開されたパッチ5.4「もうひとつの未来」情報を総まとめ。パッチ配信日は12月8日に決定

新たなロールクエスト/サブストーリークエスト
パッチ5.4ではメインクエストやクロニクルクエストのほかに、ロールクエストとそれに続くサブストーリークエストが追加される。ロールクエスト「時を超えた想い」の受注はパッチ5.3までのメインクエストに加え、全ロールのジョブをレベル80にすると受注することができるエクストラロールクエスト「影の英雄譚」のクリアが条件となる。これまでのロールクエストは、第一世界で活動していたアルバートたちの裏側を知ることができるものだった。その続きとなる今回の追加ロールクエストはどのようなものとなるのか、気になるところだ。


サブストーリークエストは「時を超えた想い」に続くクエストで、パッチ3.X時代のクロニクルクエストであった三闘神のクエストをクリアすることで受注できるようになる。三闘神クエストといえば、パッチ5.3で登場したとあるNPCを連想するプレイヤーもいるのではないだろうか。彼の裏側や想いを知ることができるのか、こちらにも期待が高まる。


ハウジングの自動撤去カウンターが再開に
以前から告知されていたことだが、新型コロナウイルスの拡大による経済の影響を鑑みて2020年3月から停止していたハウジングの自動撤去カウンターのカウントが再開される。カウンター停止中に一度でもハウスに入室を行っている場合は自動撤去までの日数はリセットされるが、入室を行っていなかった場合はハウスが撤去される場合もある。詳細は公式のお知らせをお読みいただきたい。

ジョブ調整
第61回PLLで発表されたとおり、パッチ5.4ではジョブ調整が行われる。該当するジョブはモンク・竜騎士・忍者・吟遊詩人・赤魔道士・学者の6ジョブだ。

モンクは従前から発表されていたとおり、疾風迅雷の特性化にともなってスキル全般の見直しが行われている。全体的に威力の数値が上がっているが、この調整はこれまで疾風迅雷の効果にあった与ダメージ上昇効果が削除されたことに関係しており、見た目どおりのアッパー調整というわけではないようだ。プレイフィールの向上に重きが置かれており、これまでのモンクと火力自体はあまり変わらないように調整されているようだ。

竜騎士・忍者・吟遊詩人・赤魔道士・学者はロール間のバランスを取るためのアッパー調整だ。DPSの4ジョブは純粋にスキルの威力上昇のみの調整となる。学者はエナジードレインの威力減少にまず目が行くが、エーテルフローを全てエナジードレインにあてたとしても蠱毒法と死炎法のアッパー数値が勝っているため火力面では強化と言えるだろう。パッチノート朗読会にて吉田Pは「エーテルフローはヒールに使ってほしい」という旨を話しており、攻撃手段とヒールが共通リソースであるために火力に割かれがちだったエーテルフローをよりヒールに回しやすくなるようだ。


新たに追加されるアイテムには、設定ミスによりマテリア穴が多いものも
パッチ5.4で実装される「魔術工房 マトーヤのアトリエ」「希望の園エデン:再生編」で入手できる帯装備とアクセサリは、マテリア穴がこれまでより1つ多いようだ。従来、インスタンスダンジョンとノーマルエデン装備で入手できる帯装備・アクセサリのマテリア穴は1つのみだった。しかし、パッチ5.4で実装されるこれらの装備群では帯・アクセサリのマテリア穴が2つになっているとのこと。パッチ公開直前に判明した設定ミスだが、修正が間に合わないこととプレイヤーの不利益とはならないことから不具合とはせず、この状態が仕様となる。


これまでと装備の性能バランスが少し異なってくるが、新たに実装される製作装備を最大まで禁断した場合はノーマルエデン装備よりも禁断装備の方が強力、あるいはごくわずかな性能差になる。


性別縛りのあったコートやドレスが誰でも装備可能に
ハイハウス・バッスルドレスやエクスペディションコートなど、パッチ3.X時代に実装された性別限定装備に縛りがなくなり、男女どちらのキャラでも着用可能になる。『FF14』ではパッチ5.2でエターナルバンド関連のタキシードやドレスの性別制限が撤廃され、海外を中心に高い評価を受けていた(関連記事)。『FF14』では男性キャラクターがガーリーな格好をしても、女性キャラクターがボーイッシュな格好をしてもいい。パッチ5.4の性別制限撤廃で、より自分らしい格好を選ぶ幅が広がるようだ。


新たなアイテムのスクリーンショットが公開
新たな調度品やマウントやミニオン、ファッションアクセサリーの画像も追加されている。エメラルドウェポン関連と見られるものから素敵なお店風のハウジング外装まで、パッチ5.4もアイテム収集や製作がはかどりそうだ。

かわいらしいプランターやクッキーの型抜き、シャンデリアも。

六属性相関図は魔術的なロールプレイにもぴったり。

外に置けるショーケースと、花屋のような外観。

「エメラルドウェポン破壊作戦」関連とみられるマウント・チョコボ装甲。

新規追加ミニオン。「魔術工房 マトーヤのアトリエ」のスクリーンショットにいたものと、潜水艦か……?

傘のデザイン追加のほか、新たに天使の翼のようなファッションアクセサリーも。


『FF14』のパッチ5.4「もうひとつの未来」は12月8日にリリース予定だ。なお、ゲームサーバーは本日7日の19時からメンテナンスに入っており、終了は翌8日の19時を予定している。本パッチでは高難易度レイドが実装されるためメンテナンス終了が早まることはないようだ。




© 2010 – 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る