『ゴースト・オブ・ツシマ』大型アップデート配信開始。みんなでレア武具をトレハンするマルチプレイ「Legends/冥人奇譚」実装

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Sucker Punch Productionsは10月17日、『ゴースト・オブ・ツシマ』の大型アップデートを配信開始した。オンライン協力型マルチプレイモード「Legends/冥人奇譚」が実装される。本モードでは2〜4人でチームを組むことができ、各プレイヤーは4タイプのキャラクター「侍/弓取/牢人/刺客」のいずれかを選んで戦いに挑む。2人プレイではステージごとに難易度が上昇するモード「奇譚」、4人プレイでは次々に押し寄せる敵のウェーブを撃退していくモード「九死」に挑むことが可能となっている。
 

 
また後日配信されるレイドバトル「大禍」をクリアすることで、いくつかの報酬が得られる。いわゆるエンドコンテンツとして位置付けられており、突破するにはほかのモードを何度もクリアしてよい武具や装具を手に入れたり、あるいは技やテクニックを身につけて挑む必要があるという。信頼できる仲間を見つけて、4人1組で挑むことが重要だ。クリアして得られるものには武具や技のほか、コスメティックやスキンなどが用意されている。週ごとのチャレンジがあり、毎週クリアするごとにさまざまな装具やスキンがもらえるようにもなっているようだ。

「Legends/冥人奇譚」で手に入る武具には、レアリティが存在。ミッションをクリアすることで報酬が得られ、ゲームを進めていけばさらにレベルの高い報酬が得られる。どんどんプレイしていけばエキゾチックな伝説の武具を入手することが可能だ。用意されている武具はそれぞれ多様な効果を持っていて、たとえばある弓は敵をヘッドショットすると、その矢が反射して別の敵を貫くといった効果がある。そうした伝説の武具を手に入れて、それらを中心にどのような装備を構築するのかを考えることで、これまでにはないユニークなプレイスタイルを生み出すことが可能だ。
 

 
また「Legends/冥人奇譚」の制作にあたっては、日本の古い民話や伝説が参考にされている。本編では基本的に蒙古兵が敵だが、「Legends/冥人奇譚」では鬼や天狗といった妖怪が登場するのだ。制作にあたってはいくつかの日本の神話からインスピレーションを受けて、オリジナルの物語を作ったという。神話に登場する神々の名前が奥義やストーリーの一部にも使われている。

また「Legends/冥人奇譚」の設定として、対馬にいる行善(ぎょうぜん)という語り部が、さまざまな冥人の物語を超自然的な解釈をくわえて教えてくれる。これまでの冥人たちの物語は人間だけが成したのではなく「こんな怪異の仕業だった」「こんな力があった」という彼自身の解釈を持って語り直してくれるかたちとなっている。

本編にあったような琵琶法師の語りや墨絵の演出こそないが、行善は本モードへの入り口というだけではなく、ナレーター役も果たしている。ストーリーを進めていくことで冥人の物語を天の声のように解説してくれるので、彼の語りは「Legends/冥人奇譚」をプレイするうえでの重要な演出となっているのだ。アップデート後は、対馬のさまざまな場所で行善を見つけることができ、そこから「Legends/冥人奇譚」に入ることも可能となっている。別途、メニュー画面からマルチプレイに入ることもできる。

 
今回のアップデートでは『ゴースト・オブ・ツシマ』コンテンツの多くをカバーしており、レイドやウィークリーチャレンジのほか、「百鬼」という難易度も出現。これは2人用モードの奇譚、4人用モードの「九死」に対して、一番高難易度のミッションを週ごとにプレイできる要素だ。その後のアップデートは、「百鬼」難易度のミッション・特別な報酬がもらえる週替わりの挑戦・格付け(リーダーボード)でミッションの成果を競うことが中心になる予定だという。

なおPlayStation 4の機能を使ってパーティを組み「Legends/冥人奇譚」に挑むことはできるが、ゲーム内でパーティを組むクランやチームといった機能は用意されていない。フレンドやほかのプレイヤーたちと4人1組で、その都度組むかたちになっている。ロビーで待ってフレンドに招待を送ったり、ほかのプレイヤーとマッチメイキングしたりすることも可能。フレンドふたりで4人モードに挑む場合は、マッチングで残りのふたりを見つけることになる。本モードでリードを務めたダレン・ブリッジズ氏は、本モードのテーマが「侍同士が肩を並べて戦う“団結”」であるとコメント。仲のいいオンラインのフレンドと遊ぶことを勧めている。
 

 
なお「Legends/冥人奇譚」といえば、4つある役目の中から牢人を選べば「犬の式神」なる存在を召喚することができ、彼らをなでることも可能であることが話題となった(関連記事)。クリエイティブ・ディレクターのネイト・フォックス氏によれば、ほかにもある方法でクマの式神を呼び出して戦わせることができるという。もちろんクマの式神もなでられるとのことで、本作のモフ活はますます充実していきそうだ。

そして「Legends/冥人奇譚」専用のフォトモードも注目ポイント。パーティに入っていればみんなで一緒に写真撮影ができ、専用のポーズも数多く用意されている。SNSでの写真共有がファンコミュニティで盛り上がったことから、今回の新要素にてさらなる名作が生まれそうだ。
 

 
発売から3か月後のアップデートにて実装された「Legends/冥人奇譚」。実は本作の初期のプレゼン段階から、協力型マルチプレイを入れようとサプライズ企画が進んでいたという。Sucker Punch Productionsとしても初の試みとなるジャンルとのことで、ブリッジズ氏・フォックス氏ともプレイヤーがどのように本モードを楽しむのかに期待を寄せているようだ。『ゴースト・オブ・ツシマ』パッチ1.1は本日10月17日より配信開始している。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog