『Dead by Daylight』“Nice”と入力すると69BP貰えるジョークが話題。アーカイブ終了のお知らせが意外な形で盛り上がる


Behaviour Interactiveは10月7日、『Dead by Daylight』米公式Twitterにて本日がアーカイブⅣ最終日であると告知した。そのツイートが意外な形で話題となっている

【翻訳】 
今日で69日目、何のことか分かりますよね?
明日で学術書Ⅳのリフトが締め切られます。
Tierを進めて報酬を貰える最後のチャンスです!

見たところ何の変哲もないイベントスケジュールのお知らせのようだが、ネットミームに敏感なユーザーがすかさず反応。ゲーム内ストアの引き換えコードにて“nice”と入力したところ“69BP”を受け取ることができたことを報告した。

*『Dead by Daylight』米公式Twitterが“nice”とリプライを送るなど微笑ましいやりとりを見ることができる。

英語圏では、このように“69”という数字が入っている文章に対して“nice”とリプライを送るネットミームが浸透しており、Know Your Memeによると2008年の夏頃から使われだしたという。文脈に関係なく“69”という数字が入っているだけで“nice”を送るような使い方をするため、あえて日本語に置き換えるなら「わかる」「それな」といったものに近しいのだろう。

ちなみに、このやりとりは米アニメ「South Park」のとあるエピソードにて、「幼稚園の先生である女性と未成年の男の子が性行為をしていた」と主張しにきた男の子に対して警官たちが、「ナイス」と答えるシュールなシーンが由来とされているようだ。その際に「オーラルセックスはしていたか?」という質問もあったためか、“69”という数字と“nice”が結びついたとされている。


このミームが使われた過去の例として、2016年にバラク・オバマ氏がツイートした以下の投稿をご覧いただきたい。69%という数字に反応したのか、リプライ欄では非常に多くの“nice”が見受けられる。

くわえて、ドナルド・トランプ氏が2019年に以下のようなツイートを行っている。


本人がネットミームを意識したかどうかは不明であるが、投稿内で69%という数字を交えた上で、“Nice”と文章を締めくくったことから、ユーザーの笑いを誘った。一種のジョークではあるが、このミームがよく知られているものであることが分かるだろう。

そして、Behaviour Interactiveはイベントの告知に絡めて、今回のようなジョークを『Dead by Daylight』内に仕込んでいたというわけだ。既にゲームを遊んでいるプレイヤーであれば分かるだろうが、69BPを貰ったところでブラッドウェブの解除は1つも進まない。積極的におすすめはできないが、たまにはこういったジョークを理解して楽しんでみるのも良いかもしれない。