ソウルライクARPG『Mortal Shell』オープンベータ急遽開始。“悪意で組み上げられた”高難度アクションに立ち向かえ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

パブリッシャーのPlaystackは7月5日、アクションRPG『Mortal Shell』のPC版オープンベータをEpic Gamesストアにて無料で開始した。本作はもともとクローズドベータの実施がアナウンスされていたが、予想を超えるプレイヤーの要望に応え急遽オープンベータテストを開始したという。

『Mortal Shell』はインディースタジオCold Symmetryが手がけるソウルライクなアクションだ。文明が衰退した世界で空虚な器として目覚めた主人公は、敬虔な信徒の秘密の聖地を目指して歪んだ世界を旅することになる。遺跡には、謎の神に仕えるグロテスクなクリーチャーたちが跋扈している。これに対抗する力となるのが各所に眠る「Mortal Shell」だ。荒涼とした大地には死者の魂が点々と存在しており、プレイヤーは斃れた戦士の残骸=Mortal Shellを覚醒させることで自らのものとして利用することができる。それぞれの器が異なる戦闘スタイルをもっており、それらを正確に把握することが戦いで生き残る鍵となる。各Mortal Shellとの絆が深まれば、固有の才能をより上手く扱うことも可能だ。


今回のベータビルドでは「Harros」と「Tiel」の2種類のMortal Shellを扱うことができる。またストーリー部分のネタバレは含まれておらず、物語については当分の間秘密にされる予定とのことだ。それにともない、探索可能なエリアはFallgrimの湿地帯の限られた領域になるという。ベータ版ダウンロードページでは“警告”として本作の難度について触れられており、「悪意によって組み立てられた、執念深いデザイン」と称されている。卓越した技術のあるプレイヤーなら1時間で完遂できる内容だが、さもなくばもっとかかるはずだという。

*なお本作では猫を撫でることも可能。

慎重で、用心深く、容赦ない。そんなソウルライク定番の、プレイヤーを満足させる苦痛に回帰するというビジョンのもと制作された本作。本作のオープンベータはこちらから入手可能だ。PC版は2020年第3四半期(10〜12月)に、Epic Gamesストアにて3080円で発売予定。現在は予約購入を受付している。同時期発売のコンソール版はPlayStation 4/Xbox One対応となる。PC版はEpic Gamesストアの時限独占となっているため、Steamではやや遅れて2021年第3四半期にリリース予定だ。またSteamのストアページによると、日本語字幕に対応するという。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog