『SIMULACRA 2』日本語対応しSteamなどで3月29日配信へ。「死んだインフルエンサーのスマートフォン」を調査する実写ホラー作品

香港のインディーゲームパブリッシャーAnother Indieは3月27日、『SIMULACRA 2』を国内向けに3月29日に発売すると発表した。対応プラットフォームは、Steam/iOS/Android。価格は820円。『SIMULACRA 2』Steam版は、2020年1月31日から配信中となっており、3月29日に日本語対応される。Steamでは、前作『SIMULACRA』とのバンドル版も販売されているほか、3月29日から2日間は『SIMULACRA 2』が15%オフ、『SIMULACRA』が55%オフで販売予定だ。

スポンサーリンク

『SIMULACRA 2』は、死んだインフルエンサーのスマートフォンを使って、その死の謎を追いかけるホラー・サスペンスADV。マレーシアのインディーゲームデベロッパーKaigan Gamesの手がけた作品だ。2019年10月22日、インフルエンサーの女性の遺体が、自宅のマンションから発見された。検死結果によると、死因は心臓麻痺。遺体の顔面に奇妙な傷跡が残されていたことから、老刑事ムリオは事件性があると判断し、捜査を行っていた。しかし、捜査主任の手により事件の捜査は1週間で打ち切りとなり、ただの事故死として片付けられることになってしまう。

そこでムリオは、証拠品から被害者のスマートフォンを借りてきて、捜査を継続しようと決意。プレイヤーが新米警官を選んだ場合には、署内における唯一の信頼がおける人物となり、2人の極秘捜査に挑むことになる。プレイヤーがゴシップ誌の記者を選んだ場合には、署内に信頼できる人物がいないことからムリオに頼まれ、スクープのために調査へ協力。被害者のスマートフォンを調べ、奇妙なノイズの走った動画や破損したファイルなど、怪しげな証拠を目撃し、死の謎へ迫っていく。

スポンサーリンク

ゲームプレイでは、実際に被害者のスマートフォンを操作。スマートフォンの中には、Instagram風のKimera、Twitter風のJabbr、メール、チャットアプリ、電話、メディアといったアイコンが並んでおり、残された痕跡を調べ、生きた関係者とも連絡を取りつつ調査を進めていく。証拠になりそうなメッセージを目撃したり、破損したファイルがあった際には、ムリオがインストールした警察用のアプリが解析などを行ってくれる。さらに、ゲーム内には進行に詰まった時のヒントも用意されているため、システム面ではかなりプレイしやすい印象だ。

作中には実写を採用した動画や、チャットアプリに送られたボイスメッセージが、実際に再生できる状態で登場。4Kまでに対応した実写の動画、SNS上での表面的な振る舞い、フォロワーの減少に悩む様子、ファンからのクレームメッセージ、こうした要素によりインフルエンサーたちがリアルな質感をともなって描かれており、故人のスマートフォンを覗いているような体験が表現されている。

また、ホラー演出が入るシーンや、アカウントへログインするために調べた個人情報を使ってソーシャルハッキングを仕掛ける展開、ムリオや関係者とのチャットでは随所で選択肢も搭載。プレイヤーの展開により、物語はいくつかに分岐していく。そのほか、ローカライズについてはSNSや動画の字幕まで、しっかり日本語に翻訳されている。

『SIMULACRA 2』を開発したKaigan Gamesは、マレーシアを拠点に2016年に設立されたインディーゲームスタジオだ。Steamでは本作の前作にあたる、行方不明の女性のスマートフォンを調べるホラーADV『SIMULACRA』を2017年にリリースしており、1000件以上のレビューにより圧倒的に好評を獲得。『SIMULACRA 2』も300件以上のレビューにより、非常に好評となっている。『SIMULACRA 2』は、Steam/iOS/Androidで、3月29日に国内向けに販売予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog