淫魔ホラー『SUCCUBUS』の新ゲームプレイ映像が公開。アクション面を強化した『Agony』シリーズスピンオフ、過激なエログロ表現はなお健在

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ポーランドのインディースタジオMadmind Studioは3月17日、アクション・ホラー『SUCCUBUS』の最新ゲームプレイ映像を公開した。発売時期は未定で、PC(Steam)向けに配信される予定。本作は過激なエログロ表現で話題となった地獄巡りサバイバルホラー『Agony』『Agony UNRATED』のスピンオフで、淫魔サキュバスであるVydijaを主人公とした作品だ。ステルスやパズルが中心だったシリーズ過去作と異なり、一人称視点のアクションに主眼をおいた本作。新たに公開された動画はその実態がより詳細につかめるものになっている。

今回公開されたのは作中ステージの1つ、“Forest of Flesh(生肉の森)”のゲームプレイ映像だ。灼熱の岩場や廃墟は昨年10月に公開された動画と同様。しかし「森」の奥地には触手や刺胞生物の群生地帯も存在し、まるで赤い深海のような独特の趣を見せる。そして見渡す限り転がっているのは人体・赤子・血肉の山。Vydijaはその辺に吊られた肉体を手なぐさめに粉砕しつつ進むことになる。

『SUCCUBUS』のアクション要素を色濃く示しているのが、女剣士型の悪魔“Amazon”とのバトルシーンだろう。並居る亡者との乱闘が多い本作だが、ここでは1対1の勝負をじっくり観察することが可能。戦闘では片手剣・ダガーなどの武器や、火の壁・ホーミング弾といった魔法を切り替えながら立ち回る。Amazonとのサシ勝負では相手との間合いに応じて素早く得物をチェンジしつつ、ときに火炎弾で牽制し相手の斬撃を弾き返すなど緊張感ある剣戟が見られる。

いずれの画像も本プレイ動画よりキャプチャー

ステージのさなかで新たに拾う武器「ハンマー」は前回のトレイラーでは見られなかったものだ。多数の敵をまとめて吹き飛ばすことが可能で、群がる男どもをダイナミックに殴り飛ばしそのまま溶岩にドボンさせる豪快な攻撃が見られる。亡者の大群との混戦に適した装備といえそうだ。余談だが彼女はハンマーがお気に入りのようで、「チェーンソーとか剣とかダガーに比べて過小評価されすぎ」と“自身の”ブログで語っている。

足元に転がる赤子を踏み潰す、遠くで列をなす屍人たちに意味もなく放火するなど、攻略に直接かかわりのないサディスティックな振る舞いも見どころ。特に10月の動画では、磔にされた「妊婦」——腹の中にはもちろん胎児——に対して行った所業が衝撃的だった。本プレイ動画でもそれに匹敵する残虐行為が見られ、今度の被害者は男性となる。「私の脚を這い上がるあんたの夢想を感じるわ」とささやきながら磔の男を撫ぜるVydija。その手つきは恍惚を浮かべる男の顔から丹田へと滑り下り……と思うと、突然彼の身体に爪を立て激しく引っ掻き回す。何度かの殴打で男の顔を損壊させたのち、彼女の手は再び下腹部へと伸ばされた。最終的に「何」が「どう」なったのかは、残念ながらモザイクのためよくわからない。

なお細かな点としては、昨年公開されたプレイムービーと比べてVydijaのボイスが格段に増えた印象だ。先ほどの男に放つ「あんたとキスするのは時間の無駄」といった具体的なセリフのほか、戦闘中にも呼気まじりの嬌声を連発。「もっと頂戴よ」とハスキーな声質でねっとり歌うさまは、彼女の嗜虐的なキャラクターを存分に味わわせてくれる。

2018年12月の発表以来いまだリリース日が明かされない本作。現在発表されている配信プラットフォームはPC(Steam)のみ。かつて『Agony』がレーティング審査で苦しんだ経緯を考えれば(関連記事)、『SACCUBUS』のコンソール版は販売されないと考えるのが妥当だろう。また本作はゴア表現もさることながら、独自トレイラーを通じて主人公Vydijaがツイッターを始めるユニークな宣伝でも話題を集めた(関連記事)。相変わらず楽しげに地獄ライフを満喫する様子がポストされているため、チャーミングなふしだらっぷりを味わいたい人は覗いてみよう。またシリーズ過去作の『Agony』『Agony UNRATED』は合わせて累計30万本の売り上げを突破したと伝えられており、そのうち約3分の2はPC版のものだという。早めに地獄に慣れておきたい人はこちらに触れてみるといいだろう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る