PC用美少女アダルトゲーム『ニュートンと林檎の樹』が100円セール。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

美少女ゲームブランド「ラプラシアン(Laplacian)」は3月12日、PC用18禁ゲーム『ニュートンと林檎の樹』通常版を、期間限定で100円で販売すると発表した。セール期間は、3月22日23時59分まで。「歴史的緊急事態に際し、空き時間を楽しくできれば」という理由からセールが行われており、DMM Games内で通常版が99%オフの100円となっている。

『ニュートンと林檎の樹』は、2017年に発売されたPC用美少女アダルトゲーム。「難しいことはあまり考えないコミカルタイムトラベル」をコンセプトに、ライトな作風で描かれるノベルゲームだ。主人公は、偉大な物理学者を祖父に持つ朝永修二。彼は、幼い頃に幼馴染の少女、一二三四五(うたかねよつこ)と共に祖父から科学を教わり、科学を好んでいた。しかし、祖父と比べられるうちに物理が嫌いになり、ギター片手に隣町へ出かけ、駅前でストリートライブを繰り返す日々を送っていた。

ある日、そんな彼の前に一二三四五が現れ、3年間行方不明だった祖父から真鍮製の鍵とロンドン行きのチケット2枚が送られてきたと告げる。祖父の消息を追いテンブリッジ大学へ向かった2人は、ニュートンの個別書庫だったという小屋の地下室で、鍵のかけられた望遠鏡を発見。送られてきた鍵を望遠鏡に使ってみたところ、1687年の林檎の樹の近くへタイムスリップしてしまい、パラドックスの回避と現代への帰還を目指す物語が幕を開ける。

アイザック・ニュートンのペンネームで論文を発表しているアリス・ベッドフォード、イギリス生まれの日本人九十九春、芋好きなメイドエミー・フェルトンなど、コミカルなキャラクターたちも登場。17世紀ロンドンを舞台に、物語が描かれていく。なお、本作には国産コピーガード、ソフト電池が採用されている。ソフト電池ランタイムのインストールが別途求められるほか、上手く動作しない場合には管理者権限での実行やインストールなどが必要となるようだ。

本作を開発したラプラシアンは、2015年から活動している美少女ゲームブランド。『ニュートンと林檎の樹』以外に、電波を喰う人工鳩によって通信網を失った2061年が舞台の『未来ラジオと人工鳩』をリリースしており、2020年6月26日には『白昼夢の青写真』を発売予定だ。また、処女作である『キミトユメミシ』については、Boothにて無料公開されている。DRMのライセンス料により破産してしまうため、0円ではなく100円セールとなっている『ニュートンと林檎の樹』。興味のある18歳以上の方は、この機会にプレイしてみるのもいいかもしれない。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog