ハクスラアクションRPG『Darksiders Genesis』PS4向けに配信開始。2人の騎士を操り、悪魔の王に立ち向かえ

THQ Nordicは2月21日、ダークアクションRPG『Darksiders Genesis』をPS4向けにリリースした。PS Storeからのダウンロード専売で、価格は4780円。本作は、昨年12月にPC向けに、今月14日にはXbox One/Nintendo Switch向けに先駆けて発売されていたが、この度国内PS4でも楽しめる形となった。

『Darksiders Genesis』は、THQ NordicとAirship Syndicateが共同で開発を手がけるアクションRPG。『Darksiders』シリーズ第1作目の前日譚として位置づけられる本作では、初代の主人公「ウォー」、そして四騎士「ストライフ」2人による戦いが綴られる。舞台となるのは、悪魔の王ルシファーによって蘇ったモンスターたちが蔓延る世界。エデンでの悲劇に巻き込まれたウォーとストライフに新たな使命が下された。プレイヤーは2人の騎士を操作しつつ、ルシファーの陰謀に立ち向かうこととなる。本作で初登場となるストライフは、銃の扱いに長ける。一方で過去シリーズの主人公ウォーは、近接戦闘を得意とする。この2名はシームレスに切替え可能。敵の種類や、ステージの環境に合わせた使い分けがフィールド探索の鍵を握るだろう。またステージ上には、コインやHP上昇アイテムなどが隠されている。敵との爽快な戦闘だけでなく、こうした収集要素も本作の魅力のひとつだ。

スポンサーリンク

ウォーとストライフは、「クリーチャーコア」と呼ばれるアイテムでの強化が可能。同アイテムは、スロットに装備することで効果を発揮する。全3属性のスロット、そしてザコ・ボスに特化した特殊なスロットが用意されており、ステータスを強化するものから特殊能力を付与するものまで豊富に用意されている。また対応する属性のコアを装備すると、ボーナス効果を得ることも。多彩な能力を組み合わせ、好みのプレイスタイルで戦いに挑もう。ステージについては、本作は過去シリーズとは異なり、チャプター制が採用されている。最初に難易度とプレイするステージを選択し、最奥に待ち受けるボスの討伐を目指していく。各ステージでは、2人での協力プレイも楽しめる。ステージクリア型かつ、1プレイの長さも丁度よいので、フレンドとサクッと遊んでみてもいいかもしれない。

シリーズの魅力である爽快な戦闘はそのままに、アイテム収集要素やCo-opプレイの搭載などにより、スピンオフ作品ながらも幅広い楽しみ方ができる作品となっている。また、重厚な物語や迫力のボス戦にも注目だ。シリーズファンはもちろん、未プレイの方もこの機会に鮮やかな地獄の世界へ飛び込んでみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog