『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』に「巻き戻し」機能追加へ。少し戻ってやり直し可能

任天堂は7月10日、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』に巻き戻し機能を追加すると発表した。2019年7月度追加タイトル『ドンキーコング3』と『レッキングクルー』の発表にあわせて、機能の追加が発表された。

巻き戻しは、少しだけ時間を戻してゲームを再開することができる新機能。その名のとおり、少し時間を戻してやりなおすことができる。操作はZLボタン+ZRボタンの長押し。どんな時でも時間を戻すことが可能であるという。この機能は『ドンキーコング3』と『レッキングクルー』だけでなく、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』のタイトル全般が対象であるようだ。いくつかの時間ポイントが存在しており、好きなタイミングを指定し、プレイをやり直すことが可能である。

巻き戻し機能は、最新のレースゲームなどにも搭載されつつあるが、レトロゲームの復刻に際して搭載されることもある。『ロックマン クラシックス コレクション』はこの巻き戻し機能を搭載し発売され、好評を得ている。任天堂も「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」にて、いつでもセーブにて中断ポイントを作成すれば、その地点から一定時間巻き戻すことができるという機能を搭載していた。今回の巻き戻し機能は、UIなどを見てもその機能を発展させたものなるだろう。これまでの作品も含めて、懐かしの作品がより手軽に遊べるようになりそうだ。7月17日のアップデートを楽しみにしておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog