「G2Aで買うぐらいなら違法ダウンロードして遊んでくれ」。Steamキーなどを扱う鍵屋「G2A」への批判が再び巻き起こる

インディーパブリッシャーNo More Robotsの代表を務めるMike Rose氏は、自身のTwitterアカウントにてG2Aを厳しく批判した。PC Gamerなどが詳細を報じている。ことの発端は、G2AがGoogleに広告を出していたこと。No More Robotsが販売する“ローグバイク”ゲーム『Descenders』をGoogleで検索してみると、広告として上位にG2Aのストアが表示される。さらに広告を非表示するのこともできない。なぜG2Aが上位に表示されると不快なのか。それはG2Aが悪名高い“鍵屋”であることが関係している。

G2Aは、ゲームやソフトウェアのキーを売買するマーケットプレイスを展開している。業者がPCゲームなどのプロダクトキーを出展し、ユーザーが安価でそれを買う。その場を提供しているのがG2Aという仕組みだ。世界的にユーザーを抱えているものの、かなりグレーな存在であると認識されている。そもそものキーの多くは出処が不透明であるとされており、開発者/パブリッシャーは「G2A Direct」プログラムに加入していなければ、G2Aで販売されるゲームのキーの売買において利益を受け取ることができない。

さらには、プロダクトキーを用いた転売が同マーケットでは横行していたり、盗難されたクレジットカードに利用されたという事例も報告されており、消費者にとってはゲームを安く手に入れられるという利点がある一方で、開発者に利益が還元されない出処の怪しい鍵によって儲けている業者として煙たがられている。過去には、tinyBuild Gamesがトラブルを通じてG2Aのあり方について厳しく批判していた。またG2Aと提携し『Bulletstorm: Full Clip Edition』の数量限定コレクターズエディションを発表したGearbox Publishingに批判が殺到し方針転換を迫られるなど、業界内での不信感も根強い。

Mike Rose氏といえば、インディーゲーム市場の売れ行きに関する数字を公表したり、Steamの「人気の近日登場」の仕様が操作されていると糾弾するなど、自身の思想やスタンスをオープンにし歯に衣着せぬ意見を発する人物。Rose氏は、同氏が販売する『Descenders』が、グレーなマーケットプレイスであるG2Aへの購入を誘導されている現状に憤っているというわけだ。YouTubeチャンネルFolding Ideasを展開するDan Olson氏によると、G2Aは5周年記念にあわせて大規模な広告展開をしているようで、結果的にそれがRose氏の目にとまったのかもしれない。

ちなみに『Descenders』は先日正式リリースされ、マルチプレイを実装。Steamサマーセールの対象タイトルである。

Rose氏は、G2Aでゲームを買うくらいなら海賊版を遊んでくれと怒りをにじませながら、本気で言っているんだと強調。どちらにせよデベロッパーの懐には一銭たりとも入らないとし、G2Aに金が渡らない方がずっとマシであると述べている。『Descenders』の開発者であるRageSquidもG2Aで買うぐらいならtorrentで入手してくれとコメント。Rami Ismali氏はG2A(リセラー)ではなく海賊版の利用を勧める理由を、よりロジカルに説明。こうしたサイトは、カスタマーサービスやフェイクキーのリクエスト、クレジットカードのチャージバックなどにより開発者の潜在的な時間を奪うとしている。開発者に収入が入らないにもかかわらず、トラブルにより多大な労力を費やされるリスクを指摘しているのだろう。

そのほか『Portal』シリーズのシナリオなどを手がけてきたChet Faliszek氏や『マインクラフト』のリードピクセルアーティストを務めるJasper Boerstra氏もG2Aを批判し利用しないように呼びかけているなど、名だたる著名人が否定的なスタンスを見せている。鍵売りというビジネスに加えて、盗難クレジットカードの利用を含めた数々の騒動により信用は著しく低下している。『League of Legends』のスポンサリングを禁止処分されたという事例も、同社の社会的信用の低さを示唆している。G2Aもそうした批判を把握しているのか、派手な動きをせずしばらく身を潜めてビジネスを展開していたが、Rose氏の糾弾によりあらためてその存在が議論されている。

※ G2Aはこの糾弾の影響で、スポンサーしているストリーマーたちに「G2Aは悪くない」と説明させたようだとRose氏は語り、その戯言を信じる人がいないことを願うとも皮肉っている

ちなみにRose氏は、同じキーセラーとして知られているGreen Man GamingやFanaticalはどうなのかと問われた際には、両社は正規のキーセラーであるが、Green Man Gamingはそのほかの部分が原因で、多くのパブリッシャーがゲームを売るのを避けているとコメント。HumbleやGOGのようなプラットフォームを選ぶのがいいだろうと助言している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog