『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』PC版にトーマスMod登場。汽笛を鳴らし、空を駆け狼を襲う

PC版『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』にて4月27日、ゲーム序盤に登場する巨大な白蛇「ぬしの白蛇」を、「きかんしゃトーマス」へ置き換えるMod「Thomas the Snake Engine」がNexus Modに投稿された。投稿者はkatalash氏。導入するには、前提として「Sekiro Mod Engine」の導入が必要となる。今回のトーマスModは汽笛付きだ。

Mod導入後、元々「ぬしの白蛇」が居た「橋下の谷」へ赴くと、どこからともなく軽快な汽笛の音が聞こえてくる。更に谷を降り、鉤縄を使って道なりに進めば、その巨体と執拗に狼を追い回す姿からプレイヤーに恐怖を与えていた「ぬしの白蛇」の代わりに、警戒を促すような音色の汽笛を鳴らし「きかんしゃトーマス」が登場。さまざまなトーンの汽笛を谷に響かせ、高速で空中を駆けながら狼へと襲いかかってくる。トーマスが『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』の世界で暴れまわっている姿は、なんとも不気味でシュールだ。

『The Elder Scrolls V: Skyrim』におけるドラゴンのモデルをトーマスへ置き換えるMODを代表例に、『Fallout 4』や最近では『ファイナルファンタジーXV』『バイオハザード RE:2』など、人気PCゲームにおけるトーマスModの登場はもはや恒例行事となっている。その例にもれず、『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』でも今回リリースされたというわけだ。

PC版『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』では、「Thomas the Snake Engine」以外にも、死亡時に表示される死が草に置き換わり、死に様に草を生やされてしまう「KusaHaeru – Replace death screen to Grass」、死を?に置き換え、何をしているんだと言わんばかりの「Change sekiro death screen to queation mark」など死を置き換えるMod。狼の外見をエマや葦名一心など25の容姿に変更できる「Costume Pack Mod」、外見を『Bloodborne』に登場する時計塔のマリアへ変更する「Lady Maria of the Astral Clocktower」などの外見変更Modなど、見た目を変更するModを中心に、多数のModがNexus Modで公開されている。導入は自己責任となるが、PC版プレイヤーはこれらのModを導入して、一味違った『SEKIRO:SHADOW DIE TWICE』を楽しむのも良いかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog