『バイオハザード RE:2』のタイラントを「きかんしゃトーマス」に置き換えるMod登場。汽笛と共に迫る恐怖

PC版『バイオハザード RE:2』にて、同作に登場するタイラント(通称、ミスターX)を「きかんしゃトーマス」に置き換えるModが登場した。プレイヤーを執拗に追い回すタイラントを、きかんしゃトーマスに置き換えてしまうというもの。

きかんしゃトーマスは、PCゲームのModにおける定番の人気コンテンツ。『The Elder Scrolls V: Skyrim』(ドラゴンへの置き換え)や『Fallout 4』(さまざまな敵に置き換え)といった作品には当たり前のように存在し、『ファイナルファンタジーXV』でも仲間であるイグニスに置き換えるModとして登場している。そんなきかんしゃトーマスが、ついに『バイオハザード RE:2』でも現れた。

ユーザーΛLISTΞRことZombieAli氏が制作したModでは、モデリングそのものが置き換えられる。さらに、DJ Pop氏のサウンドModを組み合わせればBGMやサウンドも“トーマス風”に。トーマスが近づけば陽気な音楽が流れ、さらに近づけば汽笛の音が発せられる。移動音も汽車風のものとなる。タイラントの執拗さをあわせ持ちつつも、あの笑顔と共に陽気なBGMとSEをかき鳴らし迫ってくるわけだ。もともとのタイラントの存在もプレイヤーに恐怖を与えるものであるが、このトーマスModを導入すればまた異なる恐ろしさが味わえることだろう。『バイオハザード RE:2』のきかんしゃトーマスMod「Thomas The Tank Engine over MR X」は、こちらからダウンロード可能。DJ Pop氏のサウンドModはこちらからダウンロード可能。
【UPDATE 2019/3/3 15:30】
Modのサウンドに関する情報を追記

なお同作のMod界隈は、さまざまな方向で盛り上がりを見せている。得にコスチューム方面に人気が集まっており、レオンのDLCコスチューム「レオン・ARKLAY SHERIFF」を置き換えることで、ピチピチのブーメランパンツ(もしくはTバックパンツ)を履いたレオンを導入する「Sexy Leon」や、同様の際どいパンツをタイラントに履かせる「Beachboy X」などが存在する。そのほか、オリジナル版の固定カメラ操作を再現しようと試みる動きや、一人称視点モードを追加するModの開発が進められている(関連記事)。ファンに愛されているゲームだからこそ、こうしたModも多く出てくるのかもしれない。本編をクリアしたPC版プレイヤーは、こうしたModを導入して新たな遊びを見つけてみてもいいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog