『FF5』を場面映像とともに楽しむサントラ「FINAL FANTASY V ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC」2019年1月発売へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スクウェア・エニックスは本日10月26日、「FINAL FANTASY V ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC」を発売すると発表した。収録曲は67曲。発売日は2019年1月16日で、価格は税別5000円。早期購入特典として、1992 年の『FINAL FANTASY V』発売時のオリジナルパッケージをイメージした着せ替えスリーブが用意されるという。

「Revival Disc」シリーズは、「あの日遊んだ思い出をよみがえらせる』をコンセプトに、発売当時の音楽とプレイ画面をそのまま映像で届けるというサウンドトラック・シリーズだ。今回発売されるサントラでは、『FINAL FANTASY V』の懐かしの音楽が映像とともに楽しめる。ギルガメッシュ戦で流れる「ビッグブリッヂの死闘」や、主人公バッツの故郷で聴くことのできる「はるかなる故郷」、序盤を明るく彩るフィールド BGM「4つの心」など、数多くの名場面が音楽とともによみがえる。

※ 参考映像 「FINAL FANTASY IV OST REVIVAL DISC」より「ゴルベーザ四天王とのバトル」

サントラはBlu-ray Disc に収録されており、音楽メディアBDMにてフルスペックによる高画質と 96kHz/24bit の高音質音源を実現。ディスク内にはmp3ファイルのオーディオファイルを収録しているので、もちろん通常のサントラとしても楽しむことも可能だ。スクウェア・エニックスは、これまでに『ゼノギアス』、『SaGa 1,2,3』、『FINAL FANTASY I.II.III』『FINAL FANTASY IV』などの「Revival Disc」サントラシリーズをリリース済み。ここに『FINAL FANTASY V』のサウンドが加わることになる。

通常のサントラと比べるとやや値は張るものの、各楽曲に似合うシーンを全ストーリー中から厳選した映像が収録されており、耳だけでなく目で思い出が蘇る様は、作品に強い思い入れを持つプレイヤーにとっては、なかなか感慨深くもある。興味がある方は、同シリーズの中でも特に人気のある「Xenogears Original Soundtrack Revival Disc」を視聴してみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog