農場経営シミュレーションゲーム『Stardew Valley』Ver1.1大型アップデータがベータで配信開始。“離婚”ふくむ多数の新要素収録

【UPDATE 2016/10/4 16:50】 ベータ版を終え、『Stardew Valley』のVer1.1アップデートが正式に配信された。

ConcernedApeとChucklefish Gamesは、『Stardew Valley』のバージョン1.1アップデートをSteamのベータテスト環境にてリリースした。『Stardew Valley』は2016年2月にリリースされた農場経営シミュレーションゲームで、初期の『牧場物語』シリーズの精神を強く感じさせる今年上半期のヒット作。今回の1.1アップデートは以前より予告されてきたものであり、さまざまな新規要素が盛り込まれている。

スポンサーリンク

ベータに参加するには、Steamライブラリ内にある『Stardew Valley』を右クリックし、プロパティを選択。「ベータ」タブからベータテスト環境を選択すると、自動的にアップデートが開始される。なお開発者はセーブデータが破損される可能性は低いとしつつも、バックアップを取ることを推奨している。

海外メディアPC Gamerが公開しているVer1.1のプレビュー映像。先日のPAX Westにでデモが公開されていた

まず対人関係に関する要素では、新たに「エミリー(Emily)」と「シェーン(Sahne)」が結婚対象に追加。さらには一度結婚したパートナーとの“離婚”システムが搭載され、レウィス町長の家にある小さな本から申請することができるようになった。結婚システムが存在するRPGやシミュレーションは多数あるが、一度心が繋がり結婚にまで至った相手と別れることができるというのは、なかなか斬新だろう。

またスタート時に農場マップが選択できるようになり、今回のアップデートでは「Riverland」「Forest」「Hilltop」「Wildrness」の4種類が追加されている。このほか中身が空っぽで好きにデコレーションできる「納屋(Shed)」、収穫した野菜を小麦粉や砂糖にする「製粉所(Mill)」が登場。一度建てた農場の建築物が移動させられるようになるのも、地味な追加要素だが嬉しいところだ。この機能は「ロビン(Robin)」の店で出現する建築メニューから選択することができる。

これ以外の大きな要素として、コミュニティセンターとJojaMartの物語を完了した後に展開される新規クエストラインが追加されている。クエストのクリア結果によってはさまざまな「魔法の建築物(Magical Construction)」がアンロックされ、農場生活をより効率的で楽しいものにしてくれるようだ。たとえば「Junimo Hut」は近くの作物を自動的に収穫する機能を持ち、各種トーテムは建設すると山や砂浜といった遠方へと一気にワープすることが可能になる。

このほかコーヒー豆の栽培に始まり、多数のコンテンツおよび修正が盛り込まれているバージョン1.1アップデート。ベータ段階である以上、動作が不安定になったりする可能性はあるが、我慢できないプレイヤーは一足先に試してみるといいだろう。なお多くのプレイヤーが期待しているであろうCo-opマルチプレイヤーは、バージョン1.1アップデートには含まれていないので気をつけよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog