兵役中の韓国兵士たち、どうしてもオンラインカードゲーム『Hearthstone』がプレイしたくなりすべて「紙」で自作する

大韓民国では19歳から29歳の男性を対象とした徴兵制度が敷かれており、18歳から実施する身体検査にて問題がなければ兵士としての義務を2年間は果たさなければならない。組織や階級によって異なるものの、住居は大人数で暮らすパソコンも無い大部屋であったり、インターネットは特定スペースのみで使用可能であったりと、ゲーマーにとっては地獄のような環境だろう。そんな兵役中の男性が、Blizzard Entertainmentのオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を昨年自作したと韓国のインターネット掲示板DC Insideにて披露した。

このお手製『Hearthstone』は2014年9月ごろに製作されたものだ。製作者は画像を投稿した人物と同期2人の3人組。材料は部隊内の売店「PX」にて購入したメモ帳で、毎晩22時以降に1時間、ランタンの光を灯し、切ったり書いたりしながら製作を続けたのだという。ランダム要素はノートに前もって条件を記したあと、20面および6面ダイスを振る形で判定が下される。体力は余ったダイスや碁石で表示していたそうだ。

残念ながら背景の戦闘フィールドは再現できなかったと伝えている投稿者だが、いずれのカードもデザインまでよく特徴を捉えており素晴らしいクオリティだ。500種類以上のカードを描き上げるだけでも大変だっただろう。それ以外にもこの手描き『Hearthstone』は当時アップデートにも対応していたそうで、「Leeroy Jenkins」がナーフされた際には実際にマナコストも修正したという。

投稿者によれば、当時は興味を示した2人から3人の同僚と共にお手製『Hearthstone』をプレイしていたという。暇な時には30枚をランダムで選んでプレイする、という遊びも行っていたようだ。ただ現在、投稿者はすでに昇進して一等兵の大部屋時代を退いており、現在お手製『Hearthstone』をプレイする機会は無いという。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog