インディーゲーム開発者の知見集結イベント「Indie Developers Conference 2023」12月17日開催・チケット販売開始。『ASTLIBRA Revision』 『PICO PARK』 などの開発者が登壇

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Indie Developers Conference実行委員会は11月2日、「Indie Developers Conference 2023」のチケット販売を開始した。本カンファレンスは、12月17日10時より東京都港区のAP新橋3階にて実施予定。チケットは税込2000円となっている。

「Indie Developers Conference 2023」は、個人や数人のチームでゲームを開発する、インディーゲーム開発者を対象に開かれるカンファレンスだ。プレスリリースによると、近年日本ではインディーゲームの成功事例が複数生まれ、ゲーム産業内で活躍する個人・小規模のチームが増加しつつあるという。また、そうした開発者を対象としたアワードやコンテストなどの支援施策も多数始まっており、一気に注目を集めるようになっているそうだ。一方、インディーゲーム規模のゲーム制作の成功/失敗の知見については、共有の場が限られており、多くの開発者が同じような技術的課題に悩まされている。さらにインディーゲーム市場が注目を集める中で、販売や契約に関するトラブルなども見られるようになったという。

Indie Developers Conferenceでは、そうした状況に対して開発者の知見共有の機会を設置。さまざまな課題をコミュニティの力で解決することを目指すという。成功だけに限らず失敗も含めて知見を相互に持ち寄ることで、ゲーム開発に日々向き合う技術者に必要な情報を提供するカンファレンスを目指すそうだ。

講演では、インディーゲームの開発活動に必要な技術的知見や、マーケティングやパブリッシング、リリース後の対応など、インディーゲームの開発者が必要とするノウハウをテーマにセッションが実施。インディー開発者以外に、パブリッシャーを始めとした企業や団体にも開かれた、オープンなカンファレンスとされている。なお、2021年に開催の「Indie Developers Conference」では、『天穂のサクナヒメ』『アンリアルライフ』『シロナガス島への帰還』『グノーシア』の開発者たちによる講演がオンラインで実施。開発中に考えていたことや数万本の売上に到達するまでの過程など、著名作の開発者たちの経験を元にしたセッションが実施されたようだ。

第2回目となる「Indie Developers Conference 2023」では、2トラックにて全10〜12講演が実施予定。『ASTLIBRA Revision』『NeverAwake』『PICOPARK』の開発者などがセッションをおこなうそうだ。一部スポンサーシップセッションについては、YouTubeでの無料配信も予定されているとのこと。具体的な講演については以下が実施予定とされている。

・「100万ダウンロードを達成した小規模モバイルゲームの開発運営(仮)」
登壇者『ローグウィズデッド』開発者kohei氏

・「長期制作で気づいた作業のコツや面白くするコツ」
登壇者『ASTLIBRA Revision』 開発者KEIZO

・「プログラミング力0!キャラクター力のみでゲーム制作に挑んでみて」
登壇者『キミガシネ』開発者ナンキダイ氏

・「1年半でNeverAwakeを完成させるための技術習得と、各プラットフォーム対応の振り返り(仮)」
登壇者『NeverAwake』開発者佐渡大志

・「『PICO PARK』で見る協力プレイの形」
登壇者『PICO PARK』開発者三宅俊輔

・「『ことだま日記』について(仮)」
『ことだま日記』プログラマーkohei氏

・「インディーゲームのプロデュース活動に必要な知見とは?(仮)」パネルディスカッション
登壇者『グノーシア』開発チームリーダー川勝徹氏、 『メグとばけもの』開発元代表Daigo氏、インディーゲームレーベルWSS playground運営元代表さいとーだいち氏

・若手ゲーム開発者対談 学生開発者から独立開発者への道」パネルディスカッション
登壇者『ElecHead』 開発者生高橋氏、『シューフォーズ』開発者ますだたろう氏、『ハグサバイバー』開発者mumimumi氏

Indie Developers Conference 2023」は、2023年12月17日10時より東京都港区新橋にあるAP新橋3階にて開催予定。受講パスは税込2000円となっている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る