PS5新型コントローラー「DualSense Edge」発表。“超カスタマイズ可能”なDualSense

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは8月24日、新型コントローラー「DualSense Edge」を発表した。PS5向けコントローラーDualSenseに多種多様な調整機能を追加。パーツ換装なども可能にし、カスタマイズ性を追求した機器となるようだ。

DualSense Edgeはゲームイベント「gamescom Opening Night LIVE 2022」にてティザー映像と共に発表された。同映像によれば、本機は従来のDualSenseコントローラーに新たなパーツが追加。スティック基部に2つのトリガーのようなものが増設されているほか、コントローラー背面にもレバーやなんらかの調節スライダーのようなものが実装されているようだ。

PlayStation.Blogでの発表によれば、ユーザーはハードウェアやソフトウェアを通じて、DualSense Edgeを自由にカスタマイズ可能になるという。たとえば、スティックの感度やデッドゾーン(スティック操作を検知開始する範囲)の設定のほか、各トリガーの感度調整なども可能とのこと。そうした設定は、プロファイル機能を通じて保存・読み込みが可能とのことだ。

また、パーツ自体も交換可能な仕様となっているとのこと。スティックのキャップや、コントローラー背面のボタンおよびレバーなどの交換や割り当て変更も可能なようだ。そして、スティックについてはモジュール全体での交換もサポートしているとのこと。もちろん、DualSenseの基本機能もおさえられているようだ。

DualSenseはPS5向けコントローラーであるが、Steamも同機に対応しており、一部ゲームはアダプティブトリガーなど独自機能にも対応している。PC向けコントローラーとしても「DualSense Edge」に期待したいところだ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る