聖杯RPG『Fate/EXTRA Record』新映像を含む久々の続報公開

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

TYPE-MOON studio BBは7月31日、『Fate/EXTRA Record(フェイト/エクストラレコード)』最新情報を発表した。これまで仮称だった『Fate/EXTRA Record』が、そのまま正式タイトルに決定。情報の公開にあわせて、新映像を含むトレーラーも公開されている。

【UPDATE 2022/7/31 18:30】
メディア向けリリースに記載されていた対応プラットフォーム表記に誤りがあったため、対応プラットフォームの記述について修正。あわせてタイトルも修正している。

『Fate/EXTRA Record』は、2010年7月に発売されたPSP向けソフト『Fate/EXTRA』のフルリメイク版である。オリジナルの『Fate/EXTRA』は、月の聖杯戦争を描くRPGだ。本作の舞台は、量子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」が月に存在する世界。通称ムーンセルには、あらゆる願いを叶える機能が備わっており、その使用権を賭けた量子ハッカー(ウィザード)たちによる戦いが繰り広げられていた。

本作の主人公は、記憶喪失の謎めいた少年、あるいは少女だ。主人公は、わけのわからぬままサーヴァントを呼び出し、霊子虚構世界SE.RA.PHで実施される命がけの聖杯戦争に巻き込まれてしまう。命がけで戦うウィザードとサーヴァントたち。戦いを通して深まるサーヴァントとの絆。主人公自身の謎。月の聖杯を巡る、SE.RA.PHでの戦いが描かれていく。なお、本作には遠坂凛や間桐シンジなど『Fate/stay night』の登場人物と同名のキャラクターが登場するものの、いずれも別人。世界観も大きく異なっており、『Fate/stay night』を一部ベースとしつつも、新たな物語が展開されていた。


本作『Fate/EXTRA Record』は、そんな『Fate/EXTRA』のフルリメイク版だ。2020年7月に迎えた『Fate/EXTRA』10周年の際に、TYPE-MOON studio BBより開発始動が発表。これまでに、デッキ構築型のバトルシステムが採用されていることや、進化した3Dのグラフィックなどが明かされてきた。公開された「Fate/EXTRA Record Trailer 2022」には新映像も含まれており、ラニやレオ、『Fate/Grand Order』でも馴染み深い緑色のアーチャーなどが登場。『Fate/EXTRA Record』では、アニメのような3Dグラフィックで描かれる『Fate/EXTRA』の世界に期待できそうだ。

また今回の発表ではリリース時期について触れられていない。『Fate/EXTRA』で企画/プロデューサーを務め、『Fate/EXTRA Record』で監督を務める新納一哉氏のツイートによると、開発環境やパートナー会社の変更により、開発期間に1年ほどの空白ができてしまったのだという。開発は進んでいるものの、本作のリリースまではもうしばらく待つことになりそうだ。

『Fate/EXTRA Record』は、現在開発中。発表にあわせて、ティザーサイトも更新されている。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る