マルチプレイRPG『Dragonheir: Silent Gods』正式発表。多彩なキャラビルドと戦略と運を活かす骨太ファンタジー

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのSGRA Studioは7月22日、マルチプレイRPG『Dragonheir: Silent Gods』を正式発表した。対応プラットフォームはPCおよびiOS/Android。

『Dragonheir: Silent Gods』はオンラインマルチプレイRPGだ。パーティーを組んでのゲームプレイが基本になるという。IGNによると、神々の戦いによって荒廃したArkendiaと呼ばれる世界が舞台となるそうだ。Arkendiaには森や平原、氷原や地下洞窟といったさまざまなエリアが存在。プレイヤーはそれらのエリアを自由に旅しながら、用意された多彩なミッションやサイドクエストをこなしていくという。

Arkendiaは、かつてDragon Godなる存在により、焼き尽くされたそうだ。ドラゴンは本作において重要な存在のようで、冒険の中ではTiamatと呼ばれる3つの頭をもつドラゴンが登場。プレイヤーは、世界を滅ぼす闇の力を備えたTiamatの撃破を目標とするようだ。ほかにもドラゴンは数多く登場し、それらを倒すことで、貴重な装備品などを入手できるとのことだ。


ゲームプレイには半リアルタイム戦闘(semi-real-time combat)とも表現されるシステムが採用。戦闘中に攻撃・防御、前進・後退といった行動を選択。キャラクターの位置取りは、特に重要となるそうだ。剣士を敵と1対1で対峙させる、敵のグループを広範囲の魔術で焼き払う、といった戦法が可能となるそうだ。また、戦闘や説得、取引、窃盗など、さまざまな局面でダイスロールが用いられるとのこと。ダイスの出目によってその成否が決定するそうだ。

仲間にできるキャラクターは200人以上登場。多数オーク(Orcs)や人間(Plain Humans)のほか、ダークエルフ(Dark Elves)やアンデッド(Undead)など、多彩な種族が存在するそうだ。それぞれのキャラクタービルドも豊富に用意され、100万通り以上のビルドが可能だという。


『Dragonheir: Silent Gods』はPCおよびiOS/Android向けにリリース予定。なお、本作は先日クローズドベータテストも開催されていた。リリースはまもなく(soon)とのことだ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る