サイコロなどで戦うローグライク『Dicey Dungeons』Nintendo Switch版正式発表。PC版も日本語対応予定もあのウイルスが障壁か

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディー開発者のTerry Cavanagh氏は3月18日、デッキ構築型ローグライクゲーム『Dicey Dungeons』のNintendo Switch版を正式発表した。米国任天堂が同日放送した「Indie World Showcase」の中でも取り上げられており、2020年後半に発売予定とのこと。

本作は現在PC向けに販売中で、Nintendo Switch版については日本でも発売予定であることが任天堂から発表された。今回弊誌がCavanagh氏にうかがったところ、まだ確定ではないが、欧米と同時に国内配信することを希望しているとのことだった。

スポンサーリンク

『Dicey Dungeons』は、サイコロの姿をしたキャラクターとなって個性的な敵と戦いながら、自動生成されるダンジョンを潜っていくローグライクゲーム。敵とのバトルには、さまざまな効果を持つカードで構築したデッキと、ランダムに振られたサイコロを使用。カードは、サイコロと組み合わせることで発動し、出目によって効果の度合いなどが変化する仕組みだ。また、プレイヤーキャラクターは6種類おり、たとえば盗賊は毎ターン敵のカードを盗むといったように、職業によって異なる能力を持つ。

開発者のTerry Cavanagh氏は、『Super Hexagon』や『VVVVVV』といった人気作を手がけた人物としても知られる。『Dicey Dungeons』のPC版は2019年8月に発売され、それから1か月での売り上げは、上述した両作の総売り上げの合計を上回るほど好評を得ていたことが、以前明かされていた(関連記事)。当時、Nintendo Switchへの移植についても言及されていたが、今回正式発表された形だ。

スポンサーリンク

米国任天堂公式サイトによると、『Dicey Dungeons』は日本語にも対応する予定だと掲載されており、日本版についても同様となるだろう。本作の日本語サポートは架け橋ゲームズが担当。同社は昨年8月、PC版には近日中に日本語アップデートが配信されるとしていた。ただ、これは半年以上経ったいまも実現していない。

この点についてCavanagh氏にうかがったところ、日本語を追加するパッチの配信は引き続き計画しているとコメント。ただし、“現在世界で話題のニュース”により、もう少し時間がかかるかもしれないとのこと。おそらく、新型コロナウイルスの影響を指しているのだろう。同氏は現在オーストラリア在住。同国でも感染者数が急増しており、国内での各種活動の制限や、入国禁止措置などが出されている。そうした中で、同氏の開発環境にも少なからず影響が及んでいると考えられる。ただ、日本語対応を諦めたわけではないそうなので、気長に待ちたいところである。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog