映画「モンスターハンター」は9月4日(金)日米同時公開へ。場面写真やポスターも解禁

映画版「モンスターハンター」が9月4日に日米同時公開されることが明らかとなった。カプコンのゲームシリーズ『モンスターハンター』の実写を手がけるのは、映画版『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督。キャストはミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャーら。

映画「モンスターハンター」は大人気ゲームシリーズ『モンスターハンター』の実写映画企画。カプコンが2004年に第1作を発売して以降、シリーズ累計6100万本(2020年1月15日)の売上を記録している。最新作『モンスターハンター:ワールド』は全世界売上1500万本を達成し、カプコン史上もっとも成功したタイトルの1つだ。

スポンサーリンク

映画版「モンスターハンター」はゲームシリーズ『モンスターハンター』の世界観を基にしたハリウッド映画。製作はコンスタンティン・フィルム、テンセント・ピクチャーズ、東宝が担当、監督・脚本はポール・W・S・アンダーソン氏。海外の配給はソニー・ピクチャーズ、日本では東宝=東和ピクチャーズ共同配給となる。

監督・脚本のポール・W・S・アンダーソン氏は、カプコンの『バイオハザード』シリーズの映画版も手がけていた人物だ。主役を務めるのは映画「バイオハザード」シリーズでオリジナル主人公アリスを演じ、アンダーソン監督の実生活のパートナーでもあるミラ・ジョヴォヴィッチ氏。また共演にはムエタイ映画「マッハ!!!!!!!!」でセンセーショナルなデビューを果たし、「ワイルド・スピード SKY MISSION」や「トリプルX:再起動」にも出演したトニー・ジャー氏。さらに「ヘルボーイ」シリーズなどで知られるロン・パールマン氏や日本からは山崎紘菜氏が出演する。

気になるストーリーは公式サイトによると、以下のとおり:

ミラ・ジョヴォヴィッチが演じるのは女性リーダー・アルテミス。砂漠で偵察中のアルテミスと彼女のエリート部隊は、突如起こった超巨大な砂嵐に遭遇し、必死に逃げるものの一瞬にして巻き込まれてしまう。強烈な突風と、激しい稲光の中で、気を失うアルテミス。そして目を覚ました場所は、我々の世界の裏側にある、全く異なる世界だった――。

アルテミスたちは異世界に飛ばされ、そこでトニー・ジャー演じる謎の男やおなじみのモンスターに出会うようだ。

新たに公開された写真からは、夕日を背にゲームシリーズの世界観を踏襲した防具を身に着けるミラ・ジョヴォヴィッチ氏とトニー・ジャー氏が確認できる。『モンスターハンター』シリーズのファンであるというアンダーソン監督は、シリーズの世界観に惚れ込んでいると言い、「特別な作品になる。劇場で観てもらうのが楽しみ」と意気込みを見せている。現在TOHOシネマズの全劇場で、世界初解禁となる最新映像が幕間で上映中。砂漠の暴君としてハンターを苦しめてきたディアブロスが砂漠の中から飛び出す姿を見ることができるため、映画館に確認しに行ってみてもいいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog