『シャンティ』シリーズ新作『Shantae and the Seven Sirens』正式発表。新たな変身魔法やカードシステムを駆使して南国の島を冒険

アメリカのインディースタジオWayForwardは8月15日、アクション・アドベンチャーゲーム『シャンティ』シリーズの最新作『Shantae and the Seven Sirens』を正式発表した。本作は、これまで『Shantae 5』と呼ばれてきた作品。発売日は未定ながら、対応プラットフォームがNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One/PC/Apple Arcadeになることも今回発表されている。

『Shantae and the Seven Sirens』ではとある南国の島を舞台とし、ハーフ・ジーニーの主人公シャンティや、その友人であるスカイ、ボロ、ロッティトップスらは、この島にてほかのハーフ・ジーニーの仲間たちと出会う。そして、この島では何らかのトラブルが発生していることを知ったシャンティは、邪悪な謎に巻き込まれていくという。今回公開されたスクリーンショットによると、シャンティのライバルであるリスキィ・ブーツもこの島を訪れており、手下を連れて何やら悪巧みをしているようだ。キーアートにはミミックおじさんの姿も見えるため、またシャンティを手助けしてくれそうだ。

本作のゲームプレイは、シリーズ伝統の2Dアクションになることもうかがえる。シャンティは、その長い髪で新たな敵キャラクターたちを攻撃。炎を放つ攻撃魔法も健在だ。また、ベリーダンスを踊ってほかの生き物に姿を変える変身魔法もシャンティの特徴のひとつ。本作ではさまざまな水生生物などに変身できるそうで、中にはイモリもあるという。スクリーンショットでは、水の中を高速に泳いでいるような姿が確認できる。

本作の新要素としては、モンスターカードと呼ばれるトレーディングカードを集めるシステムが用意され、プレイヤーはこれを使うことで、自らのプレイスタイルに合わせてシャンティをパワーアップできるという。また、シャンティたちのキャラクターデザインは、ゲームプレイ中は前作『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー』とほぼ同じであるように見えるが、カットシーンではまた少し雰囲気が異なる。本作のカットシーンでは、“ゴージャスにアニメーションするTVスタイル”を採用しているとのことで、従来の作品のような立ち絵よりも活き活きと動くキャラクターたちを見ることができそうだ。

この南国の島には複数の街や危険な迷宮が存在し、シャンティは変身魔法を駆使しながら相互に繋がったそれらのエリアを訪れ冒険。そしてミニゲームをこなしたり、ボスとのバトルをおこないながら、島に隠された謎に迫っていく。本作のさらなる詳細は、今後時期を見て公開していくとのことである。

*本作のオープニング映像は、日本のアニメ制作会社TRIGGERが手がけている(関連記事)。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog