『The Amazing Eternals』クローズド・ベータ開始。デッキ構築で戦略を立てる『Warframe』開発元の新作FPS

Digital Extremesは8月29日、5対5のチーム対戦FPS『The Amazing Eternals』(旧名:Keystone)について、クローズド・ベータテストを開始した。参加するには公式サイトに無料登録して応募するか、ファウンダーズ・パックを購入することで即時アクセス権を得る必要がある。

ファウンダーズ・パックは1980円の「Eternal Traveler」から10万2480円の「Immortal」パックまで全部で5種類あり、ベータテストへのアクセス権以外にも、ゲーム内通貨「トークン」やフレンドへの配布用ベータキー、特別コスメやボイスパックなどが特典としてついてくる。対象プラットフォームはWindowsであり、正式リリース時にはF2Pモデルのタイトルとして配信される予定だ。

本作はヒーロー同士で戦うチーム対戦FPSに、カードゲームのデッキ構築から生じるストラテジー要素を加えた作品だ。ゲームの設定としては、1970年代SFパルプ雑誌風のボードゲーム「The Amazing Eternals」の世界にプレイヤーが入り込み、マカロニウェスタンやSF映画のような異次元世界にワープ。本作におけるヒーロー「エターナル」の身体に乗り移り、戦場を駆け回ることになる。

現時点でプレイアブルな「エターナル」は5体。SF映画から飛び出てきたような宇宙服の男「Ray」や、ファンタジー世界からやってきた木人「Bristle」など、いずれも一目で識別できるような特徴がある。各キャラクターにはアサルト、コントロール、タンク、またはサポートという役割が設定されており、それぞれ異なる初期装備武器、固有のアビリティ、必殺技を有している。また現時点で用意されているゲームモードは、チームデスマッチの「チャンピオン・クラッシュ」とコントロールルールの「フラグメント・ファイト」の2つとなっている。

発表済みの「エターナル」

ここまでの説明は他のヒーローシューターにも当てはまるような内容だが、『The Amazing Eternals』の特徴はなんといっても「リアルタイム・コレクションカードゲームシステム」と呼ばれるデッキ構築システムにある。カードには「エターナル」が戦場に持ち込む武器や呪文、トラップを決めるもの、一時的な能力ブーストを発動させるものがある。マッチ中に引くカードの順番も決める必要があり、リロードの遅いショットガンカードの後ろに「リロード速度アップ」のブーストカードを挟んで短所をカバーしたりと、カード同士の効果的な組み合わせを見つけ出すことでプレイスタイルの幅を広げていくのだ。

デッキ作成画面

ゲームに慣れたプレイヤーが増えてくれば、カウンターデッキの作成などメタゲームが整備されていくだろう。なおカードパックやコスメアイテムの購入に必要なゲーム内通貨「トークン」は有料で購入するほか、ゲームをプレイすることでも獲得可能である。

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog