Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スマートフォン向けゲームアプリを楽しむにあたり、PCの大画面でプレイしたいと感じることはないだろうか。公式にPC版をリリースしているタイトルもあるものの、スマートフォン版のみの展開をおこなっているタイトルも少なくない。そこで役に立つのがAndroidエミュレーター。PC上で仮想のAndroid OSを立ち上げ、そこでスマートフォン向けアプリをプレイできるソフトウェアである。

NoxPlayerは、中国のノックスデジタルエンターテインメントが開発するAndroidエミュレーターだ。一般的なエミュレーターとしての機能がひととおり押さえられているのに加え、複数のAndroid環境を同時に起動したり、高画質・高fpsでの動作が可能であったりといった、他エミュレーターにはない機能も搭載している。スマートフォン向けゲームをPCでプレイするにあたり、かゆいところに手の届くようなAndroidエミュレーターがNoxPlayerなのだ。

NoxPlayer起動画面


エミュレーターと聞いて、コンシューマーハードのエミュレーターのように違法性のあるものではないかと思う方もいるかもしれない。しかし、AndroidはGoogleが公開しているオープンソースOSのため、Androidエミュレーターの開発・利用に違法性はない。

また、NoxPlayerをPC版として公式に紹介しているタイトルもある。たとえば『アークナイツ』のグローバル版サイトにはWindows版としてNoxPlayerのページがリンクされているほか、『アズールレーン』台湾版の公式サイトにはプラットフォームとしてNoxPlayerが案内されている。中韓発のアプリでは半ば公認となっているケースもあり、数あるAndroidエミュレーターのなかでも信頼性の高いソフトウェアといえるだろう。

しかし、違法性があるソフトウェアではないとはいえ、ゲームによってはエミュレーターの利用を規約で禁じているものもある。エミュレーターの利用自体は禁止されていなくとも、特定の機能の利用を禁じているタイトルもある。ゲームパッドでの操作や高画質化などメリットも多いAndroidエミュレーターだが、規約に違反するとアカウントがBANされてしまうことも。プレイしたいゲームの注意事項はよく読み込んでおく必要がある点には留意しなければならない。

それでは以上を踏まえたうえで、NoxPlayerの特徴を紹介していこう。


基本的な機能

まずはAndroidエミュレーターとしての基本的な機能から見ていこう。NoxPlayerで利用できるAndroid OSのバージョンはAndroid5(32bit)/Android7(32/64bit)/Android9(64bit)の4種類だ(Android9のみBeta版)。Android向けゲームアプリはAndroid要件を4.0~5.0以上としているものが多く、大半のゲームはNoxPlayerで遊ぶことができる。NoxPlayerでは異なるバージョンの環境を作成することができるため、アプリとバージョンの相性が悪かったときは別のバージョンで環境を構築してみることもできる。

操作はマウス、キーボード、ゲームパッドに対応している。ホーム画面ではクリックで操作することになるため、ゲームパッドで遊びたい場合も基本的にマウスやキーボードを併用することになる。タイトルによっては格段に操作性が向上するものもあり、この点もAndroidエミュレーターを利用する大きなメリットといえるだろう。


8K画質/120fpsでプレイ可能

スマートフォン向けゲームの演出を大画面で堪能したいと感じたことはないだろうか。NoxPlayerではウィンドウサイズや解像度を変更でき、3840×2160pの4K画質はもちろん、7680×4320pの8K画質でもプレイすることができるのだ。また、ハイフレームモードを設定することで、最大120fpsでゲームを動かすことができる。もちろん高fpsに対応できるモニターが必要になり、タイトルごとに最高fpsは異なるものの、スマートフォンではかなわなかった高品質なプレイが楽しめるのである。

Android環境の複数起動が可能

NoxPlayerにはマルチインスタンス機能が搭載されており、複数のAndroid環境を同時に起動することができる。同時に起動する仮想OSが増えるたびに要求されるPCスペックは上がっていく。以下は公式サイトに掲載されている、多重起動数ごとのスペック参考例だ。日頃からPCゲームをたしなむゲーマーの方であれば、条件を満たしていることも多いのではないだろうか。

NoxPlayerバージョン7009によるもの

マルチインスタンス機能では複数画面の操作を同期することができる。1つの画面の操作を他の画面に反映することで、2つ以上の画面を同時に操作することができるのだ。複数のアカウントで周回やリセマラをしたい場合に便利な機能だが、ゲームによってはエミュレーターの不正利用としてアカウントBANのリスクもある。同期機能を使う場合はプレイするゲームの規約をよく読み、自己責任でおこなおう。


仮想キー設定で快適プレイ

NoxPlayerでは仮想キー機能を使用することで、マウスやキーボード、ゲームパッドでゲームをプレイすることができる。上下左右の移動をWASDキーや十字キーに割り当てたり、マウスドラッグで視点を移動させながら左クリックで射撃をおこなったりといった具合だ。メジャーなタイトルなら初期設定で仮想キーが割り当てられており、面倒な設定なしでゲームをはじめることが可能だ。筆者は『ガーディアンテイルズ』『アークナイツ』『ブルーアーカイブ』をプレイしてみたが、どのタイトルも初期設定で迷うことなくゲームを操作することができた。もちろんキー設定をカスタマイズすることもできるため、自分好みに変更することも可能だ。

『ガーディアンテイルズ』より。仮想キーはゲーム内十字アイコンに重なって表示される


使用に注意が必要な機能も

NoxPlayerでは、スクリプト機能を使うことで1つの操作を繰り返すことが可能となる。一度おこなった操作を記録し、リピート再生することができるのだ。しかし、プレイヤーの操作を自動化するツール利用は多くのアプリにおいて禁止事項とされており、アカウントBANのリスクが非常に高い。便利な機能ではあるが、ゲームプレイには使用しないようにしておこう。

また、前述の仮想キー設定のなかには位置情報を指定の位置に変更したり、同じボタンを連続してタップさせたりといった設定も存在する。これらの設定もアカウントBANのリスクが高いため、規約違反の恐れがあるタイトルでの使用は控えるようにしよう。


実際に使ってみた

ここからは実際にNoxPlayerでAndroid向けスマートフォンゲームをプレイし、モバイルでのプレイと比較をしていく。比較するタイトルは『ガーディアンテイルズ』だ。筆者所有のiPhone12でのプレイとNoxPlayerでのプレイを比較し、良かった点や気になる点について紹介する。

ゲームを始める前に、NoxPlayerをインストールする必要がある。公式サイトから最新バージョンのインストーラをダウンロードし、手順にしたがってインストールしよう。インストーラは450MB程度と軽量で、インストール自体もさほど時間はかからなかった。インストールが完了したらAndroid環境を構築しよう。OSのバージョンに迷ったが、とりあえず「通常版」と書かれているAndroid 7(32bit)を選択した。あとはGoogle PlayをGoogleアカウントと連携させれば、ストアから好きなゲームをダウンロードできるようになる。面倒な設定はほとんどなく、すぐにゲームを開始することができた。


エミュレーター追加画面

さっそく『ガーディアンテイルズ』をプレイしていこう。ホーム画面のアイコンをクリックしてゲームを起動すると、筆者の環境ではタイトル画面での読み込みに数分ほどかかった。しかしゲームが立ち上がってからのレスポンスは良好で、モバイル版と比べても遜色ない動作である。マウス・キーボード、DUAL SHOCK 4の両方でプレイしてみたが、『ガーディアンテイルズ』のようなアクション寄りのタイトルは特にこれらの操作と相性がよく、スマートフォンでプレイするよりも快適に遊べると感じた。

ゲーム開始まで時間がかかることは気になるものの、ゲームがはじまれば快適なプレイができた。また、『ガーディアンテイルズ』以外のタイトルではロード時間がモバイル版とほぼ変わらないものもあり、NoxPlayerとゲームの相性のほか、個人の環境による問題もありそうだ。NoxPlayerの公式マニュアル内でゲームタイトルごとに個別の対応をおこなっているケースもあるため、エラーやクラッシュが発生した際はまずそちらを参照してほしい。

『ガーディアンテイルズ』より。NoxPlayerの担当者によれば、利用規約を違反しない限り、同作をNoxPlayerでプレイしてもBANされないとのこと


以上、NoxPlayerをご紹介した。Android向けゲームをPC上で動かせるエミュレーター・NoxPlayerは、マウスやキーボード、ゲームパッドでのプレイや、高画質化・高fps化といった魅力を持ち合わせている。筆者が実際にプレイした印象としても、特にアクション性の強いゲームをプレイするのにぴったりのエミュレーターであると感じた。

しかし、自動化をはじめとした機能のなかにはゲームの規約に抵触するものもあり、タイトルと遊び方によってはアカウントBANのリスクも存在する。ゲームによってはエミュレーターの使用を規約で禁じている場合もあるため、リスクを十分に把握し、各ゲームの規約を確かめたうえで使用するようにしよう。そのほかのリスクとして、NoxPlayerに類似した偽ソフトウェアも存在するようだ。誤ってインストールしないよう注意してほしい。

また、Wakuooという、機能を最小限におさえたシンプルなAndroidエミュレーターもリリースされている。こちらはNoxPlayerの軽量版ともいえる、特別な機能がほとんどないシンプルなエミュレーターだ。エミュレーターの知識がなく、NoxPlayerほど多機能なエミュレーターでなくてもいいという方にはWakuooの使用もおすすめである。


Android向けゲームを大画面でプレイしたり、操作性を向上させたりと魅力の多いNoxPlayer。正しく使うことで日々のゲームプレイをより豊かなものにすることができる。モバイルゲームを大画面で遊びたい方は、利用を検討してみても良いかもしれない。


NoxPlayer公式サイト:https://jp.bignox.com
Wakuoor公式サイト:https://jp.wakuoo.com

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る