隠れた良作インディー野球ゲームの続編『Super Mega Baseball 2』発表。パンチの効いた選手のルックスは大幅進化

カナダのインディースタジオMetalhead Softwareは9月28日、野球ゲーム『Super Mega Baseball 2』を発表した。2014年に発売された『Super Mega Baseball』および2015年発売のアップデート版『Super Mega Baseball: Extra Innings』に続くシリーズ最新作だ。

前作『Super Mega Baseball』では実在のプロ野球リーグは登場せず、選手や球団はすべてオリジナルだった。球場もMLBさながらの本格的なものから日本の神社のような雰囲気のものまで、さまざまなタイプが用意された。この点は新作でも変わらないようで、球場についてはいくつか新たに追加されると同時に、前作に収録されていたものはグラフィックを強化するという。

選手の見た目は、前作では体のパーツが極端に強調されパンチの効いたキャラクターばかりだったが、新作ではよりリアルな等身・ルックスに変更される。また、開発が間に合わずトレイラーには登場しなかったが、女性選手も前作に続き使用可能になるという。

依然デフォルメキャラだが、前作(左)と比べるとかなりリアル寄りになった
依然デフォルメキャラだが、前作(左)と比べるとかなりリアル寄りになった

カスタマイズ要素もこのシリーズの特徴で、前作では選手の名前や体の各パーツなどをカスタマイズすることができた。新作ではここも強化され、チームの名前やロゴ、ユニフォーム、また選手のスキルや使用する用具などもカスタマイズできるようになる。投球/打撃フォームの選択やカスタムリーグ/シーズンの作成も可能だ。

そして前作では4人までのオフライン・マルチプレイに対応していたが、新作ではついにオンライン・マルチプレイにも対応する。プレイ可能人数は未発表だが、対戦と協力プレイが収録される予定だ。

0025

大手メーカーから発売されているプロリーグ公式ライセンスを受けた野球ゲームと比べると、ゲームモードなどボリューム面では見劣りするが、肝心のゲームシステムは野球ゲームとしてしっかりとしており、充実したシーズンモードの存在も合わせ、前作は高い評価を得た。

打撃/投球/守備の操作は、もちろんチュートリアルはあるが、何かしら野球ゲームをプレイしたことのある人ならすぐに理解できる標準的なもの。また、EGOと名付けられた難易度設定によりアシストの効きなどを細かく調節できて、初心者から上級者まで楽しめるよう工夫された。その他、MOJOと呼ばれる選手の調子を表すパラメータや、プレイ内容によってたまる経験値、シーズンモードでの選手強化要素など、奥深さもそなえていたのだ。

こういったシステム周りについて新作ではどうなるのか、EGOは引き続き収録されるが、その他の詳細についてはまだ明らかにされていない。間口の広さと要所要所の奥深さはこのシリーズの肝ともいえる部分、インディーゲームながら野球ゲームとしての存在感を見せることができた要因だったので、何らかの形で継承されることに期待したい。『Super Mega Baseball 2』はPlayStation 4/Xbox One/Steam向けに2017年発売予定。

前作『Super Mega Baseball』のゲームプレイトレイラー。いかつい見た目だが中身は本格派

なお、前作『Super Mega Baseball: Extra Innings』はSteam版Xbox One版が日本でも発売されている。残念ながら日本語には対応していないが、上で述べた通り、野球ゲーム経験者ならすぐに飲み込めるだろう。またXbox One版は10月のGames with Goldタイトルに選出されているので、Xbox Liveゴールドメンバーなら無料で入手可能になる予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog