Microsoft、Windows 10でホログラフィック対応 Xbox Oneとの連携も

現地時間の2015年1月21日、Microsoftは次期OS「Windows 10」の紹介イベント「Windows 10: The Next Chapter」にて、ヘッドマウンドディスプレイ「Microsoft HoloLens(以下、HoloLens)」を公開した。同イベントでは、Windows 10のホログラム対応が発表されており、それに連携するハードウェアとしてHoloLensが登場した形だ。Oculus VRのOculus Riftや、ソニーのProject Morpheusがヴァーチャル・リアリティを追求するなか、Microsoftはホログラフィックで独自路線を進むことになる。

 

スポンサーリンク


仮想現実ではなく「拡張現実」

Microsoftは、Windows10がホログラフィック・コンピューティングをサポートした初のプラットフォームであると発表した。Windows 10には、ジェスチャーや環境を把握するAPIが搭載されており、すべてのユニバーサルアプリがホログラムで機能するとしている。これに対応したヘッドマウントディスプレイHoloLensは、各種センサーや"Holographic Processing Unit"を搭載。Windows 10を単一で動作させることができるホログラフィック・コンピューターでもあり、PCなどに接続せずとも使用できる。

Oculus RiftProject Morpheusの「仮想現実(ヴァーチャル・リアリティ)」に対し、Windows 10やHoloLensがテーマとしたのは「拡張現実(オーグメント・リアリティ)」だ。前者は仮想空間のみをディスプレイに映し出すが、HoloLensは使用者が見ている現実世界の上に、重ねて仮想オブジェクトを表示する。

トレイラーでは具体的な使用例を見ることができる。机の上に天気予報オブジェクトを配置したり、映像をまるで壁掛けテレビのように表示する。机や床など周囲の環境に沿って構築された『Minecraft』のワールドも見逃せない。これらの仮想オブジェクトは、タッチやジェスチャー、音声にて操作することができる。また、HoloLensは単体で使用するだけでなく、PCやタブレットと連携させることもできる。

 

 

ここ数年、Microsoftはテレビの周囲や部屋のなかに映像を投影する「Illumiroom」や「RoomAlive」を公開してきた。完結した仮想空間へいざなうのではなく、仮想世界と現実世界を融合させるビジョンは、Microsoftの研究開発がここ数年目指してきたコンセプトの1つだ。「Illumiroom」などは大量のカメラやKinectなどを設置する必要があるが、今回のHoloLensはヘッドマウントディスプレイ1つで完結する。今まで目指してきたコンセプトを実現する上で、コスト面ではもっとも現実的なハードウェアであると言える。

 


Windows 10とXbox One連携

 

ゲーム面では、Windows 10に「Xbox App」が搭載されることが明らかにされた。各種ソーシャル機能に関しては省くとして、最大の特徴となるのがXbox Oneからのストリーミングプレイ機能だ。ネットワークを経由して、PCやタブレット上でXbox Oneを操作しゲームをプレイすることができる。他社のストリーミングプレイと同様、最大の問題は遅延となるが、イベントでは快適に『Forza Horizon 2』をプレイする様子が披露された。

このクラウドゲーミングに関しては、2013年9月からMicrosoftがXboxゲームを他プラットフォーム上で動作するようテストを繰り返してきたことが報じられていたが、その噂が実現した形となる。Gaikaiを買収したソニーのクラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」を想起しそうだが、どちらかといえばPCからSteam Machineへのストリーミングプレイを可能とするValveの「Steamホームストリーミング」に近い発想だ。

Co-opアクションゲーム『Fable Legends』のWindows 10版が発表され、Xbox One版とのクロスプラットフォームプレイが可能となることも明らかにされた。こちらに関しては、過去にWindows VistaとXbox 360でも同じ取り組みは行われたが、対応したタイトルはわずかに留まっている。その際に生みだされたGame for Windows LIVEは非常に使いづらいプラットフォームとなっただけに、Xbox AppがクライアントとしてPCゲームへ組み込まれる可能性を想定すると、手放しで喜べる情報ではないだろう。

また、ゲームプレイをキャプチャするGameDVRがWindows 10に搭載される。Windows 10上で動作するのならば、基本的にすべてのゲームがキャプチャ可能となる。デモンストレーションでは、Steamのゲームを録画する様子が公開された。Xbox Oneのものと同様に、数十秒ほど前の映像までキャプチャすることができる。

 

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog