Xbox OneのXbox 360後方互換はどのように動作するのか?答えは「Xbox 360をまるごとフルエミュレートする」

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Microsoftは先日のE3 2015プレスカンファレンスにて、Xbox OneがXbox 360ゲームとの後方互換に対応することを明らかにした。プレイヤーはダウンロード購入済みのXbox 360ゲームをXbox LIVE経由で起動するか、Xbox One本体にXbox 360ゲームのディスクを挿入し認証することでプレイできる。過去にはMicrosoft自身が後方互換に否定的な姿勢を見せていたほか、発表を受けてソニーの吉田修平氏も「不可能だと思っていた」と伝えるなど、技術的に後方互換は不可能との見方が強まっていたなかでのサプライズ発表となった。

海外メディアGiant Bombのポッドキャストに登場したPhil Spencer氏は、「数百万人が360のコンテンツに投資してきた、そういったコンテンツを前に出すことは正しいことだと思っていたが、それがどれほど難しいかは知らなかったんだ」とコメントする。続けてXbox OneのXbox 360後方互換がどのように動作するのか、その概要を明らかにした。

スポンサーリンク

Xbox 360をまるごとエミュレート

Spencer氏は「エミュレートは困難だった」と過去を振り返り、Microsoftが「x86」と「PowerPC」のアーキテクチャを調和させることに挑戦し続けていたとしている。同社が取ったアプローチは、Xbox 360のハードウェアレイヤーをまるごとエミュレートするというものだ。Xbox One上にてXbox 360ゲームが動作しているとき、Xbox 360のオペレーティングシステム自体が起動しており、その上でゲームが動く仕組みとなっている。なのでゲームをブートした際には、Xbox 360のブートアニメーションが再生される。

Spencer氏によれば、パフォーマンス的な観点から見てもエミュレートは正常に動作することができるようだ。フレームレートは同等のパフォーマンスで動作することが出来るとSpencer氏は伝えている。

Xbox 360ゲームを起動する360のOSは、Xbox Oneを”エミュレートされたバーチャルマシン”と捉えて動作する。一方で、Xbox One側は360のOSを”巨大な1つのゲーム”だと捉えている。このため、Xbox OneのストリーミングやゲームDVR、スクリーンショット機能をXbox 360ゲームでも使用することができる。Microsoftは過去のインタビューなどで、クラウドセーブやDLCなどに対応していることも明らかにしている。

Xbox 360における初代Xboxの互換対応と同様に、Xbox One上でXbox 360のゲームを動作させるには、それぞれ調整を加える必要があるという。Microsoftは現時点で、今秋に対応するタイトルは100本ほどになるとしている。現時点で対応が明らかにされているのは、『Mass Effect』や『Perfect Dark Zero』、『Toy Soldiers』や『Hexic HD』などだ。

スポンサーリンク

Spencer氏は『ロストオデッセイ』や『ブルードラゴン』といったXbox 360ゲームが個人的なお気にいりだと述べ、現在は複数のディスクから成るXbox 360ゲームの対応にも取り組んでいることを明らかにしている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog