『Batman: The Telltale Series』、最適化不足による苦しい船出。PC版はクラッシュとfps低下、コンソール版は解像度に課題

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

今月2日からPC/PlayStation 4/PlayStation 3/Xbox One/Xbox 360/モバイル向けに配信されている『Batman: The Telltale Series』が、いくつかの問題を抱えている。「バットマン」は言わずと知れた人気DCコミックスシリーズのひとつ。街を守るために、時に悪役になることもあり、自らの手を汚す必要性を求められるなど、モラルを問うような内容も多い。Telltale Gamesといえば、『The Walking Dead』や『Game of Thrones』シリーズといった版権作品を、アドベンチャーゲームとしてリリースすることに定評がある。これらのゲームは、ひとつの判断でキャラクターの生死が決まるなど、選択への責任が問われるデザインが特徴的だ。モラルを問うバットマンと、選択が大きな意味を持つTelltale Gamesの相性はバッチリだという論調が発表当時から多かったが、『Batman: The Telltale Series』は内容ではなく技術面に苦しんでいる。コンソール版よりもPC版の方が不具合はより顕著であるが、共通しているのは最適化不足にあった。

batman-telltales-series-chapter-one-has-a-lot-of-problems-001

PC版の不具合は、主にクラッシュとfps低下。『Batman: The Telltale Series』は特定のグラフィックボードとやや相性が悪いようで、主にNVIDIAユーザーに多くの問題が発生しているようだ。ゲームを開始するとクラッシュ、解像度を変えるとクラッシュ、特定のシーンでクラッシュといった報告がなされている。より深刻なのはfpsの低下問題だ。プレイ中たびたびfpsが10程度にまで落ち込む、ゲームの映像がうまく同期されないなどアニメーションにかんする不具合が数多く報告されている。このトラブルを抱えていると、重要なシーンで発生するQTEがクリアできなくなるというのが厄介だ。

Telltale Gamesは配信開始直後からこれらの不具合の対応にあたっており、8月4日に配信されたパッチによって不具合が改善されつつある。しかし依然としてトラブルはなくならない、新たな問題が発生しているという声がSteamフォーラムに届いており、予断は許さない状況にある。

またコンソール版にかんしては、解像度の問題を抱えている。ゲーム動作の検証に定評があるDigitalFoundryは、『Batman: The Telltale Series』のPlayStation 4版が1600×766、Xbox One版が1280×614の解像度で動いていることを指摘。これは1088×612で動くとされているXbox One版『Ark: Survival Evolved』に次ぐ今世代のコンソール機における低い解像度である。またこちらも一部シーンでfps低下が報告されており、PC版のようにゲームプレイに著しい影響を与えないとはいえ、最適化が不足していることは否めない。

これまでリリースされてきたTelltale Gamesの作品は、動作に問題を抱えていたタイトルはほとんどなかった。今回問題が発生したのは、新たなエンジン導入の影響が強いとみられる。トゥーンレンダリングを得意とするTelltale Gamesは、演出上重要になるグラフィックの弱さを指摘されており、共同設立者のKevin Bruner氏は、新たなシリーズに向けてエンジンをアップグレードしていると公言していた。おそらく、不具合はそういったエンジンの改良の中で生まれてしまったのであろう。

バットマンのゲームといえば、動作不良を起こし一時は販売停止や返金にまでいたってしまったPC版『Batman: Arkham Knight』の印象が強い。『Batman: The Telltale Series』とは開発スタジオが異なっており、あくまで版権を持っているWB Gamesが絡んでいるというだけの共通点だが、またしても内容以外の点で苦しむこととなってしまった。

技術面ではトラブルを抱えているものの内容自体は好評を得ており、現在配信されているのはエピソード1で、これから順次エピソードが展開されていく。Telltale Gamesには、失われた信用を取り戻す機会がまだまだ残されている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る