『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』PC版など、計3タイトルがPrime Gaming会員向けに新たに7月無料配布へ

 

AmazonのゲーミングサービスPrime Gamingは7月11日、7月配布予定のPrime Gaming会員向けコンテンツを海外向けに発表した。7月16日より『スーサイド・スクワッドキル・ザ・ジャスティス・リーグ』や『Chivalry 2』、『ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー』の計3タイトルが無料配布される予定だ。今回配布対象のタイトルは、いずれもEpic Gamesストア版となる見込み。

『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』はアクションアドベンチャー・シューティングゲームだ。DCコミックスのアメコミ「スーサイド・スクワッド」をもとにしており、開発を担当するRocksteady Studiosは『バットマン:アーカム』シリーズなどを手がけたことで知られるスタジオだ。

『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』

本作はDCコミックス作品に登場する、ハーレイ・クイン、デッドショット、キャプテン・ブーメラン、キング・シャークの4人が、侵略してきたエイリアン「ブレイニアック」と対峙。さらにエイリアンの洗脳を受け、街を破壊しようとするDCスーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」を倒すミッションを遂行することになる。

本作はソロプレイもしくは最大4人でのオンライン協力プレイをサポート。オープンワールドの未来都市メトロポリスにて、高速移動・銃撃戦・近接戦闘を融合したゲームプレイが展開される。Steamユーザーレビューでは、本稿執筆時点で約6000件のうち70%が好評とする「やや好評」ステータスとなっている。ボリューム不足やサーバー接続の不具合といった点が課題としてあげられてはいるものの、一方でストーリーやハイクオリティなグラフィックは一定の評価を集めている。ステージ内で縦横無尽に戦える、爽快なアクションも高い評価を獲得している。

本作は2024年2月2日に発売。また発売から1年間は無料でコンテンツのアップデートがおこなわれることが告知され、無料で新キャラクターがアンロックできることなども発表されていた(関連記事)。現在はシーズン1エピソード2が開催中。「ジョーカー」が新プレイアブルキャラクターとして実装されている。なお、今回配布されるのはEpic Gamesストア版となる予定。

そのほかのPrime Gamingによる7月の無料配布コンテンツとして、大人数マルチ対応の中世戦場アクション『Chivalry 2』、そしてリブート版『トゥームレイダー』シリーズの二作目となる『ライズ オブ ザ トゥームレイダー:20 Year Celebration』も同時に配布される(いずれもEpic Gamesストア版)。詳細はPrime Gaming公式によるブログ投稿より確認可能だ。なお、今回の発表は海外向けのもの。国内外のラインナップは基本的には同じであるが、ときに国内向けに別タイトルが配られる可能性があることを留意したい。