AMDの超解像技術「FidelityFX Super Resolution 3(FSR 3)」提供開始。まずは『FORSPOKEN』と『アヴェウムの騎士団』PC版向けに導入


AMDの超解像技術「FidelityFX Super Resolution 3」(以下、FSR 3)の採用タイトルにおいて、9月29日よりその提供が開始された。まずはスクウェア・エニックスの『FORSPOKEN(フォースポークン)』とEAの『アヴェウムの騎士団』のPC版向けに、同技術を導入するアップデートが配信開始されている。

FSR 3は、AMDが提供する超解像技術だ。第2世代であるFSR 2までに実現していたアップスケーリング技術に、「Fluid Motion Frames」と呼ばれるフレーム生成技術を組み合わせていることが特徴。内部的に低解像度でレンダリングし高解像度にアップスケールして表示することで、ビジュアル品質を保ったままフレームレートを引き上げるという技術であり、フレーム生成技術を取り入れることで、そのパフォーマンスをさらに引き上げるとうたわれている。

たとえば上に掲載した映像では、『FORSPOKEN』にてFSR 3をON/OFFした際の平均フレームレートの比較が紹介されている。GPUにRadeon RX 7900 XTXを使用し、4K解像度およびレイトレーシング適用のウルトラ設定をターゲットにした場合、FSR 3オフでは53fpsのところ、FSR 3を使用すると175fpsにまで向上している。なおこのFSR 3オンの数値はパフォーマンスモードのものであり、AMD公式ブログによると、画質優先のクオリティモードにすると137fpsという結果だったそうだ。


FSR 3では、こうしたアップスケーリングをおこなわない「Native AA」と呼ばれる機能も用意されている。パフォーマンスコストを抑えつつ高品質なアンチエイリアスを実現する技術となっており、フレーム生成技術も組み合わせることで、結果的にフレームレートの向上も見込めるというもの。先ほどの『FORSPOKEN』の環境における比較では、FSR 3オフでは53fpsのところ、FSR 3のNative AAを適用すると、同じく4K解像度でレンダリングしながら85fpsにまで向上するという。

今回『FORSPOKEN』と『アヴェウムの騎士団』のPC版には、FSR 3に対応するアップデートが配信。上述した機能が利用可能となった。なお、FSR 3はAMD以外のGPUでも利用可能ではあるが、フレーム生成機能に関してはAMD Radeon RX 5000シリーズ以上、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ以上、Intel Arc 7シリーズ以上のGPUでのみ利用可能である。

両タイトルのアップデートでは、ほかに不具合の修正なども実施。詳細は各パッチノート(『FORSPOKEN』『アヴェウムの騎士団』)を確認してほしい。『アヴェウムの騎士団』に関しては、将来的にPS5/Xbox Series X|S版にもFSR 3を導入する計画があると案内されている。

ついに提供開始されたFSR 3は、ほかにも『サイバーパンク 2077』や『Squad』などでの採用が発表されており、今後導入するアップデートが配信されるだろう。また『龍が如く8』や『黒神話:悟空(Black Myth: WuKong)』『アバター:フロンティア・オブ・パンドラ』『Frostpunk 2』といった、今後発売予定のタイトルへの採用も決定している。