『Dead by Daylight』映画「エイリアン」コラボの新チャプターは8月30日配信・本日PTB開始。“ステルスキラー”ゼノモーフとリプリーが相まみえる

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

デベロッパーのBehaviour Interactiveは8月9日、『Dead by Daylight』の新チャプターのPTB(パブリックテストビルド)を、PC(Steam)版向けに公開した。このチャプターでは映画「エイリアン」とのコラボが実施され、8月30日に全プラットフォーム向けに配信予定。今回その詳細が発表された。

本作は、1人のキラーと4人のサバイバーに分かれて対戦する非対称型マルチプレイホラーゲーム。サバイバー側のプレイヤーは、マップ内に点在する発電機をスキルチェックを経て修理し、ゲートを開いて脱出することが目標。一方のキラーとなったプレイヤーは、生存者の痕跡を追い脱出を阻止することを目指す。

映画「エイリアン」とのコラボにより、新キラーとして「ゼノモーフ(The Xenomorph)」が、新サバイバーとしては「エレン・リプリー(Ellen Ripley)」が本作に登場。また、廃墟と化した宇宙船を舞台とする新マップ「ノストロモ号の残骸(Nostromo Wreckage)」も用意される。それぞれの特徴を見ていこう。

まず新キラーのゼノモーフは、遥か遠くの惑星からやって来た容赦なき生命体。H・R・ギーガーがデザインし、原作映画シリーズでのアイコン的な存在として知られる存在だ。本作におけるゼノモーフは、素早さとパワーを兼ね備え、鋭い尻尾でサバイバーを攻撃するステルス系のキラーとなる。また「ランナーモード(Runner Mode)」と呼ばれる能力を発動すると四足歩行となり、視認性が下がると共に脅威範囲が大幅に縮小されるという。

新サバイバーのエレン・リプリーは、原作映画ではシガニー・ウィーバーが演じたことで知られる、ノストロモ号の唯一の生存者。強い意志と冷静な心を持ち合わせ、決断力に優れた人物として描かれている。彼女は霧の森にて、ふたたびゼノモーフに立ち向かうこととなる。


新マップとなるノストロモ号の残骸は、エンティティがエレン・リプリーの記憶から再現したという設定。至るところに恐怖感が漂っており、映画「エイリアン」第1作目で登場したモチーフを採用しつつ、本作ならではの工夫も加えられているという。

ゼノモーフの登場にあわせて、マップ上には新たなインタラクティブ機能として「コントロールステーション(Control Station)」が計7か所配置。サバイバーはコントロールステーションにて、対ゼノモーフ用のツール「リモートフレームタレット(Remote Flame Turret)」を入手できる。リモートフレームタレットは、攻撃したゼノモーフをよろめかせ、先述したランナーモードを解除できる性能をもつ。ただし、オーバーヒートすると再始動させる必要があり、またゼノモーフによって破壊されることもある。タイミングよく発動させるよう戦略的に配置することが求められるそうだ。

またコントロールステーションの下には、ゼノモーフのみが出入り可能なトンネルが配置される。ゼノモーフとなったプレイヤーはその中を超高速で移動しながら、近くにいるサバイバーを発見することが可能だ。この仕様について本作のゲームデザイナーJanick Neveu氏は、以下のようにコメントしている。

「キラーのみが出入り可能な階層というのは過去に制作したことがなく、ゼノモーフのトンネルシステムを作ることは我々にとって今までにない挑戦でした。この新要素はゼノモーフにマップ上で自由自在に移動できる機動力を与え、より原作の恐怖感に近づけることができたと感じています。」


『Dead by Daylight』の新チャプターのPTBは、本日8月9日よりPC(Steam)版向けに公開中。そして新チャプターは8月30日0時に、PC(Steam/Epic Gamesストア/Microsoft Store)/Nintendo Switch/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S向けに正式に配信開始される。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る