『バイオハザード RE:4』体験版には限定隠し高難度モード収録。運と腕がよければ派手でタフな “赤熱チェーンソー男”に会える


カプコンは3月10日、『バイオハザード RE:4』の体験版「Chainsaw Demo」を配信開始した。対応プラットフォームはPC(Steam)/PS4/PS5/Xbox Series X|S。この体験版にひっそりと収録された、超高難易度モードの存在が注目を集めつつある。なお本作製品版は、3月24日に発売予定となっている。

『バイオハザード RE:4』は、2005年に発売されたサバイバルホラーゲーム『バイオハザード4』を原作としたリメイク作品だ。舞台となるのは、ラクーンシティ事件から6年後の世界。事件を生き延び大統領直属のエージェントとなったレオン・S・ケネディは、誘拐された大統領令嬢の救出任務のため、ヨーロッパの閑村へと向かう。

『バイオハザード RE:4』ではオリジナル版での方向性を活かしつつ、ストーリーの再構成や、最新のビジュアル表現で掘り下げられたグラフィック、現代的にリファインされた操作感が導入。ゲームプレイにおいては、ナイフでのパリィなどのアクションが新たに追加される。

今回配信開始された体験版「Chainsaw Demo」では、レオンがまず足を踏み入れることになる不穏な村にて、そうした新要素などを試すことが可能だ。プレイ回数やプレイ時間の制限はない。内容としては、ゲーム序盤における村の広場での戦闘までが収録されている。戦闘の終盤にはチェーンソーを用いる強敵が出現する。


そして体験版においては、隠し要素として超高難易度モード「Mad Chainsaw Mode」が収録。いちど通常難易度をクリアすることで、ゲーム開始時にランダムに出現するようになるモードだ。コンティニューが不可となるほか、出現する敵が変化し、敵の攻撃力もアップする。クリアにはかなりの腕前を要するだろう。なお「Mad Chainsaw Mode」は今回の体験版専用の特別な難易度のモードだという。製品版には収録されないとのことだ。

また「Mad Chainsaw Mode」と名にあるとおり、本モードではチェーンソーにまつわる変化もみられる。ユーザーによる報告を見るに、本モードで終盤に現れる強敵のチェーンソーは、ガイドバー(刃で囲まれたプレート部分)が赤熱しており凄まじい火花を散らしながら稼働。見た目の威圧感もさることながら、ショットガンで怯みにくいなどの強化もほどこされているようだ。容易に怯んでくれない“赤熱チェーンソー男”との戦闘時は立ち回りにいっそう気を配る必要があるだろう。

オリジナル版『バイオハザード4』には、本編と別に「The Mercenaries」モードが用意されていた。さまざまなキャラを用いて、制限時間内のスコアアタックを狙うステージ制のモードであった。本モードにはチェーンソー男の強化版となる敵が存在。通常よりも巨大かつ、鎖で連結させた“2連チェーンソー”を用いる強敵で、こちらのチェーンソーも火花を散らしながら稼働していた。ショットガンでは怯まないほか、高い段差をジャンプでひとっ飛びするなど、赤熱チェーンソー男よりもさらに強力な敵であった。

リメイク版となる『バイオハザード RE:4』でも「The Mercenaries」モードが収録されることが明かされている。リメイク版でも同モードにてチェーンソー男のバリエーションをみられるかもしれない。「Mad Chainsaw Mode」は今回の体験版専用モードとされているものの、赤熱チェーンソー男が製品版の「The Mercenaries」などに登場する可能性はありそうだ。

なお弊誌で「Mad Chainsaw Mode」に挑戦したところ、最初の戦闘時の敵が1体から3体に増加していることが確認できた。そのままなすすべなくゲームオーバーとなったため、検証できた範囲は以上となる。

『バイオハザード RE:4』は、PC(Steam)/PS4/PS5/Xbox Series X|S向けに3月24日発売予定だ。そして体験版「Chainsaw Demo」は、各プラットフォームにて配信中だ。なお、 Xbox Series X|S向け体験版のみ100円で販売され、製品版を予約購入すると無償で入手できる。詳しくは公式サイトを確認してほしい。