ゲームクリエイター小林裕幸氏がカプコン退職&NetEase Games入社を報告。『戦国BASARA』など手がけた人物

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

小林裕幸氏は8月12日、自身のTwitterアカウントにて、カプコンを退職していたこと、そしてNetEase Gamesに入社していることを報告した。カプコンについては今年3月31日付で退職。現在はNetEase Gamesで活動しているという。

小林裕幸氏は1995年にプログラマーとしてカプコンに入社。『バイオハザード』などに携わったのち、『ディノクライシス』シリーズや『デビル メイ クライ』シリーズにプロデューサーとして携わるように。『戦国BASARA』シリーズについては、立ち上げからアニメや舞台監修なども担当し、シリーズの全体を統括していた。最近では映像作品の監修などをメインに担当しており、ゲーム作品への表立った関与は一時期よりも少なかったが、活躍の場所を移していたようだ。

小林氏は8月12日に50歳を迎えたそうで、このタイミングでカプコン退職とNetEase Games移籍を公表している。NetEase Gamesではプロデューサーとして活動しているそうだ。どのような作品に関わっているのかは、今後発表するとしている。「新たな年代に新たな環境で皆様に楽しんでいただけるエンタテイメントを引き続き創造する」とコメントした。

キャリアある日本クリエイターが、中国のNetEase Gamesへ移籍するケースは少なくない。最近では『龍が如く』シリーズなどを手がけてきた名越稔洋氏が独立し、NetEase Games出資による名越スタジオを立ち上げたことは記憶に新しい。そのほか、須田剛一氏によるゲーム会社グラスホッパー・マニファクチュアがNetEase Games傘下入りしたほか、NetEase Games傘下スタジオの桜花スタジオに、実力派クリエイターが続々集まっている。強力な資本をバックに日本クリエイターの雇用を進めるNetEase Games。映像製作や舞台演出にも実績ある小林氏の、新天地での新作がどのような作品になるのか注目されるところだろう。



※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る