『メイドインアビス 闇を目指した連星』2022年秋発売へ。CERO Zを感じさせるエグめの映像も公開

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スパイク・チュンソフトは4月5日、『メイドインアビス 闇を目指した連星』を2022年秋に発売すると発表した。対応プラットフォームはPS4/Nintendo Switch/PC(Steam)。また発売時期の公開にあわせて、ゲームプレイなどを映したトレイラーも公開されている。


『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、人気マンガ/アニメ「メイドインアビス」を原作としたゲームだ。ジャンルは“度し難いアクションRPG”。プレイヤーはアビスの世界に降り立ち、成長を重ねながらアビスの深層を目指す。

ゲームとしては、ふたつのモードが用意されている。アニメのストーリーを追体験しながら、本作の基本システムや進め方を学べるモードと、原作者・つくしあきひと氏が監修するオリジナルストーリーが楽しめるモードが存在。原作キャラクターも数多く登場し、イベントシーンはアニメキャストによるフルボイスで展開されるとのこと。原作をなぞらえたダークな世界が体験できるようだ。


公開された映像では、リコやレグを中心におなじみのキャラが躍動。ゲームエンジンとしてはUnreal Engineが採用されており、キャラの造形は忠実に再現されている印象である。映像の後半はCERO Zタイトルらしい流血シーンもちらり。棘に刺されたり、嘔吐をしたり、何者かが臓物を食われていたり、なかなかエグいシーンも確認できる。プレイヤーとなるキャラをメイキングする場面や、ゲームプレイに関する場面も確認でき、本作の内容がうかがいしれるだろう。かわいらしいキャラと、ゴア表現を両有する「メイドインアビス」の持ち味が、ゲームでも堪能できるかもしれない。

『メイドインアビス 闇を目指した連星』は、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)向けに、2022年秋発売予定だ。



※ The English version of this article is available here

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る