『Ghostwire: Tokyo』の前日譚描くノベルゲームがPS4向けに無料配信開始。敏腕刑事KKとして、本編半年前の東京で怪異を追う

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Bethesda Softworksは3月2日、『Ghostwire: Tokyo – Prelude』を配信開始した。対応プラットフォームはPlayStation 4で、後方互換性によりPlayStation 5でもプレイできる。発売を間近に控えた『Ghostwire: Tokyo』の前日譚となる作品だ。
 

 
『Ghostwire: Tokyo – Prelude』は、ビジュアルノベルゲームだ。本作では、Tango Gameworksによる新作アクションアドベンチャーゲーム『Ghostwire: Tokyo』の半年前を舞台に、序章となる物語が描かれる。主人公となるのは、敏腕刑事「KK」だ。彼は行方不明の友人を追うなかで、仲間の超常現象探偵たちとともに、都市伝説が現実となったかのような現象と対峙していくことになる。

なお、『Ghostwire: Tokyo』本編では、KKは主人公の暁人の相棒および第2の主人公として登場する。また、これまでに公開された情報では、KKは霊体のような存在として暁人に憑依していた。
 

 
PlayStation Blogにおける紹介記事では、『Ghostwire: Tokyo』ディレクターの木村憲司氏は、「前日譚を別のチームが作った別のジャンルで体験してもらうことで、私たちが作った世界に対する解釈の幅を広げることができるかもしれない」と考えたとのこと。また、シナリオライターの鍛治敬浩氏は、本編とはまた違った落ち着いた雰囲気を楽しめる作品となっているとコメント。『Ghostwire: Tokyo – Prelude』を通じてKKを知ることで、『Ghostwire: Tokyo』でのKKの台詞や側面への理解が深まるとの旨を伝えている。

Ghostwire: Tokyo – Prelude』は、PS4/PS5(後方互換)向けに無料配信中。本編となる『Ghostwire: Tokyo』は3月25日、PlayStation 5/PC(Steam/Epic Gamesストア)向けに発売予定だ。

advertisement
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る