『ロストアーク』アビスレイド”ミスティック”のゲームプレイが放送内で公開。複数のギミックを持つ、高難度コンテンツ


ゲームオンは10月22日、『ロストアーク(LOST ARK)』のアップデート情報を「【LOST ARK公式】10月アップデート情報先行公開!【Pmangのゲムづめ!#31】」内にて公開した。放送内には、『ロストアーク』の運営プロデューサー嶋田真人氏が登場。すでに発表されているとおり、10月28日のアップデートではアビスレイド”ミスティック”およびシルマエルの戦場が実装されるが、これらの追加情報が紹介された。

https://youtu.be/TvzQRzLRJeg

10月28日のアップデートで実装されるアビスレイド”ミスティック”は、強力な技やギミックを持つミスティックを相手に、8名でボスの討伐に挑戦するコンテンツだ。挑戦できるのは、装備Lv370以上のプレイヤー。装備Lvによって異なるフェーズに挑戦でき、倒れてしまった場合にはPT全体で4回まで復活できる。


放送内では、運営チーム6名と番組の出演者2名がミスティックへ挑戦する一幕もあった。暗雲立ち込める海域を進み、霧に覆われた島へやってきた一行。島の中を進んでいくと、そこにはかつて鉄鎖戦争で活躍したガーディアンの1体、霧の支配者ミスティックが待ち構えていた。プレイヤーに紫色の霧が付着するギミックや、翼で身を守るようにするモーションなどが確認できたが、運営チーム6名を含む討伐隊はあっけなく全滅。挑戦開始前に、『ロストアーク』の運営プロデューサー嶋田真人氏は、ミスティックは相当強いとコメントしていたが、ミスティックの強さが証明される結果となった。

なお、強力攻撃と反撃を食らってしまわないようミスティックから離れたほうが良いというパターンが公開され、凍ってしまった際には味方の攻撃やバトルアイテムによって凍結が解除できるといった攻略のヒントも放送内では語られた。


GvGコンテンツ”シルマエルの戦場”では、ギルド対戦と討伐戦が実装される。ギルド対戦の推奨装備Lvは250以上。戦場によって参加人数は異なり、4名から8名で参加。ギルド対戦が始まると、プレイヤーはマップに配置されたオブジェクトの取得などでポイントを獲得し、制限時間内により多くのポイントを獲得したほうが勝利となる。なお、参加方法は少し特殊で、毎週一定期間内に参加申請を行うと、試合日程がマッチングされるそうだ。


10月に実装される討伐戦は、シルマエル貪欲者の討伐タイムを競うコンテンツだ。参加人数は8名/16名/30名から戦場により変動。推奨装備Lvは、415から550以上と非常に高く設定されている。通常ポーションとバトルアイテムの使用が可能で、より早く倒したギルドがランキング上位となるという。


また、10月28日からはハロウィンアバターがゲーム内に登場する。紹介動画内では、ハロウィンというよりもパンクなTシャツやジーンズを身に着けたキャラクターたちや、斧やチェーンソーといった武器、かぼちゃのペットらしきものや、馬車風のマウントなどが確認できる。なお、詳細は発表されていないが、ハロウィンアバターは無料ではないそうだ。

さらに番組の後半では、中級生命のオーラ回復ポーション3個の受け取れるアイテムコードが視聴者プレゼントとして公開された。受け取り期限は、10月26日23時59分まで。公式サイトかゲーム内上部から入手すると、アイテムボックスから入手できる。


『ロストアーク』は、ゲームオンからPC向けに配信中だ。